世界のラウンジレポート

世界のラウンジ

こちらでは、実際に私が訪問した世界のラウンジを紹介します。
主にプライオリティパスで入ることができる空港ラウンジを取り上げていきます。
プライオリティパス以外の日本国内のラウンジは日本のラウンジレポートをご覧ください。

空港ラウンジとは、空港において飛行機の出発を待つ乗客の利便のために航空会社や空港によって
提供される特別待合室を指し、誰でも入れるというわけではありません。
入室許可の基準はラウンジによりますが、航空会社および航空連合の上級会員や、
ビジネスクラスやファーストクラスを利用している場合、ラウンジ利用会員資格を購入している場合、
特定のカード(ゴールドカードやプライオリティパス)を所持している場合など様々です。
ラウンジの種類と数は空港の規模に比例しており、巨大な空港ほどラウンジが沢山あったりします。

人を選ぶ分、普通の待合室よりも安全で、席に荷物を置いたまま移動しても盗難の心配が低く安心です。
また用意されている飲食物は自由にとることができ、アルコールが置かれている事も多いです。

※こちらのコンテンツは、私が海外旅行をする度に増えていく予定です。

世界のラウンジレポート 目次

プライオリティパスとは

空港ラウンジといえば必ず話題に上るのが「プライオリティパス」と呼ばれるカードです。
このカードと航空券をカウンターで提示してサインするだけで、フライトのクラスに関係なく、
提携している世界の700ヶ所以上の空港ラウンジを利用する事ができます。
(カード所有者本人のみ無料で利用でき、同伴者も利用する場合は別途料金が必要となります)
プライオリティ・パスの会員になる場合、空港ラウンジの利用形態に応じて3つの種類が設けられており、
それぞれそれなりの年会費が必要となり、場合によってはラウンジの利用料金も発生します。
しかし提携しているクレジットカードの会員は、年会費が無料又は通常の年会費より安い年会費で入会する事ができます。

日本で特に知られていて人気なのが「楽天プレミアムカード」であり、これを所持している間、
「プライオリティパス」を年会費・維持費無料で所有することができるメリットがあります。
「楽天プレミアムカード」自体の年会費は必要になりますが、必要な経費はこれだけとあって人気です。
おそらく日本人で「プライオリティパス」を所持している人の大半が、このケースと言えるでしょう。

プライオリティパス

私も2015年の夏からこのカードを所有することにしましたので、これ以降の旅で機会があるときは、
どんどん海外のラウンジを訪問し、こちらで紹介していきたいと思っています。


▲ このページの一番上に移動 | ▲ 目次に移動

関西国際空港「KALラウンジ」

私が常に利用している関西国際空港にもいくつかラウンジがありますが、
そのうちプライオリティパスで利用できるラウンジは、この「KALラウンジ」のみです。
「KALラウンジ」に加え、2018年2月から「ぼでぢゅう」も追加されました。
KALラウンジは大韓航空のラウンジであり、日本にも各地の空港に同名のラウンジがあります。

関西国際空港のKALラウンジは立地が特徴的で、本来空港ラウンジというのは
制限エリア(セキュリティチェックを超えた先)にある事が多く、飛行機に乗る直前まで
ラウンジに待機できるようになっているのですが、このKALラウンジはセキュリティチェックの前にあります。

なので飛行機に乗るためにはラウンジを出てセキュリティチェックを受けて
ゲートに向かう必要があり、時間的に余裕を持って滞在しなければなりません。
ただセキュリティチェック前の立地なので、国際線・国内線に限らず、
また大韓航空の利用であるかに関わらずラウンジを利用できる利点があります。
とにかく航空券があればいいので、LCCの安いフライトでも問題なくラウンジを利用できるのはメリットですね。

ラウンジの場所は少し分かりにくいです、ユニクロの横を通りすぎ


通路を奥に進むと


こちらがKALラウンジ。大韓航空のラウンジですが、国内外どの航空会社でも利用可能です。


ここは保安検査所の前のエリアにあるため、時間に余裕を持って滞在しないといけません。
  

広さはそこそこでしょうか。スタッフが1人で頻繁に飲食物を補充していました。
  

おにぎりとミネラルウォーターがあります。パンはありませんでした。アルコールやソフトドリンクも。
  

ミニサイズのカップ麺をいただくことにします。


一食分には余裕でなりますね。ソフトドリンクも美味しかったです。
  

以前はもっと品揃えがよかったそうですが、ラウンジ外に飲食物を持ち出されてしまうため、
水はペットボトルではなくなり、パンもあまり置かれなくなったみたいです。
とはいえラウンジ内であればいくらでも飲食可能。今後もどんどん利用していきたいですね。

営業時間は少し特殊で、大韓航空のフライトに合わせた時間となります。
昼の2時を過ぎるとスタッフがお客1人1人に退室を促していました。アナウンスなどはないようです。


▲ このページの一番上に移動 | ▲ 目次に移動

関西国際空港「ぼでぢゅう」

2018年2月から、プライオリティパスで使用できるラウンジに関空の「ぼでぢゅう」が追加されました。
正確にはラウンジではないのですが、プライオリティパスを見せることで、1人につき3400円分の飲食が無料になります。
3400円を超えた分は3400円を割り引いた分の勘定が必要になりますが、3400円以内ならば支払いなしで完全に無料になります。
同伴者がいる場合は、プライオリティパスでの同伴者随行料金で、同伴者も3400円の割引になります。
メニューの価格は税抜き表示なので、税抜3140円までが税込3400円ラインの目安となります(消費税8%のうちであれば)

利用できるのは出発便の航空券がある時のみで、帰国便は利用できず、テイクアウトは常に対象外だそうです。
利用する場合は注文の前にカードと航空券の提示が必要です。
(2018年2月当初はスタッフも不慣れで、帰国便やテイクアウトもできていたそうです。
関空には「ぼでぢゅう」が2店舗あり、プライオリティパスが使えるのは3階のフロアのみで、2階の「ぼてぢゅう屋台」は対象外)

ラウンジ以外の店舗がプライオリティパス利用可能なケースは、海外ではシドニーなどで知られていましたが、
日本では今回の関空のぼでぢゅうが初。関空利用者にとってはますます便利になりうれしい限りです。
オープン時間は7時〜22時ということで、KALラウンジよりも営業時間が長い点も魅力。
しかも関空の場合、両ラウンジ共に国際線・国内線両方で利用できます。

入り口でプライオリティパスと航空券を見せます。


7時から10時まではモーニングメニューになるようで、品数は5品とドリンク。(ビールも頼めば持ってきてくれるそうです)
  

ぼでぢゅうは粉もんメニューがメインですが、朝は肉料理が揃っています。
  

牛ハラミ焼肉重セットを注文してみました。朝からがっつりですね。


店の前にはプライオリティパスの説明書きが貼ってありました。


盆の時期のお昼は列ができていましたが、タイミングが良く待ち時間は短め。待ちつつ注文。店員も英語を話します。


昼メニュー。先に厚切りベーコンポテトサラダと唐揚げが到着。メインは大阪デラックスオムそば。
  


▲ このページの一番上に移動 | ▲ 目次に移動

トルコ・アタテュルク国際空港「PRIMECLASS CIP LOUNGE」

トルコ・イスタンブールにあるアタテュルク国際空港にはラウンジが数多くあり、
そのうちプライオリティパスで入れる国際線のラウンジは3つ。
「PRIMECLASS CIP LOUNGE」はその内の1つです。
私は「トルコとマルタの旅」の際に訪問したことがあります。

PRIMECLASS CIP LOUNGE。ここはカード提示の際にサインは求められませんでした。


もっと豪華なラウンジだと聞いていたけど、違う場所のことだったのかもしれません。   

バーカウンターがあるのはいいですね。


控えめにいろいろ頂きます。


チャイを飲むグラスで水を飲みます(笑)。かわいい形をしているのが特徴。


寿司っぽいものもありました。
  

シャワールームありです。
  

フライトモニターもあります。


トイレは異様に便座が大きい。
  

奥のルームには入れないのかな。


▲ このページの一番上に移動 | ▲ 目次に移動

トルコ・アタテュルク国際空港「HSBC CLUB LOUNGE」

トルコ・イスタンブールにあるアタテュルク国際空港にはラウンジが数多くあり、
そのうちプライオリティパスで入れる国際線のラウンジは3つ。
「HSBC CLUB LOUNGE」はその内の1つです。
私は「トルコとマルタの旅」の際に訪問したことがあります。

HSBCラウンジに入ってみます。


こちらのラウンジも定期的にスタッフが巡回して、食器を片づけたりしていました。

広すぎず狭すぎずでしょうか。
  

そこそこ人がいます。すいてればソファーで横になれそうですね。
  

このラウンジから下を見下ろせます。この空港で椅子に座れる場所は少ないそうですからね。


飲食物はこんな感じ。パンと軽食が多いですね。
  

味はまあ普通です。一番右のはそこそこ美味しいかな。


▲ このページの一番上に移動 | ▲ 目次に移動

トルコ・アタテュルク国際空港「COMFORT LOUNGE」

トルコ・イスタンブールにあるアタテュルク国際空港にはラウンジが数多くあり、
そのうちプライオリティパスで入れる国際線のラウンジは3つ。
「COMFORT LOUNGE」はその内の1つです。
私は「トルコとマルタの旅」の際に訪問したことがあります。

comfortラウンジ。先ほどのHSBCラウンジのちょうど向かい側にあります。
  

こちらもプライオリティパスで入れるラウンジです。
  

座席は先ほどのHSBCラウンジの方が勝手がよさそうですね。


しかしここの食事は温かいものが提供されているようです。
  

コックも常駐しているようですし、食はこちらのラウンジの方がよさそうです。
  

こちらにはトイレの前にシャワールームもあります。この一室を完全に締め切らないと

ドアを開けたら丸見えの位置です。


シャワールームは2室。


トイレに入ってみました。少し大きめの個室ですね。


ボタンが大きい割に、押しても大して水が流れませんでした。


まあ少しは上品なトイレかもしれません。


フロアの構造がそうなのか、少し落ち着かない感じも受けるラウンジでした。


▲ このページの一番上に移動 | ▲ 目次に移動

マルタ・マルタ国際空港「LA VALETTE CLUB」

地中海の島国マルタ共和国にある、マルタ国際空港のラウンジです。
プライオリティパスで入れる国際線のラウンジはここのみ。
プライオリティパスのサイトによるともう1つラウンジがあるらしいのですが、見つかりませんでした。
私は「トルコとマルタの旅」の際に訪問したことがあります。

免税店エリアにある、ラウンジに入ります。
  

フロアの構成のためか、広々としてますね。
  

水槽があるのもポイント。もちろん魚も泳いでいます。


奥にも席があります。収容人数はかなり多いかも。
  

新聞もちゃんとあります。


アルコールはもちろん、水は炭酸水(緑)と炭酸なし(白)のものがあります。


スナックやシリアルの軽食に
  

パンやパイもあります。
  

朝から何も食べていませんでしたが、ここで十分に朝食をとれますね。
  

チョコレートケーキとバニラケーキも頂きました。
  

他にもサンドイッチやサラダ。シスクとキニーもやはり置いてありました。
  

ラウンジのトイレのジェットウォーターは三菱製でした。
  

なかなかよいラウンジでした。
  


▲ このページの一番上に移動 | ▲ 目次に移動

フランス・シャルル ド ゴール国際空港「Icare Lounge」

フランスのパリにある、シャルル ド ゴール国際空港のラウンジです。
ユーロスターで行くロンドン・パリの旅」の際に訪問したことがあります。

ラウンジフロアへは、エレベーターで上階に向かうようですね。
  

通路は静か。音が漏れないようにしてあるんでしょうね。
  

まず入ったのは、ICAREラウンジ。
  

小さ目のラウンジですが客も少なく、穴場的な雰囲気。客は私以外に3人いるだけです。
  

外を見ると、庭園に見えなくもない中庭がありました。ちょっと小さいけど。


飲食物はやや少な目で、最低限といったところでしょうか。


チーズが置いてあるのがフランスらしい。
  

お菓子もおいてありました。
  

昼食を食べていなかったので、ここで腹ごしらえです。


▲ このページの一番上に移動 | ▲ 目次に移動

フランス・シャルル ド ゴール国際空港「Star Alliance Lounge」

フランスのパリにある、シャルル ド ゴール国際空港のラウンジです。
ユーロスターで行くロンドン・パリの旅」の際に訪問したことがあります。

さてお次は、スターアライアンスビジネスラウンジ。


受付を済ませた後のルートが分からず、正面のドアに入ろうとしたら、ファーストクラスラウンジだったようで、
スタッフに止められました。ビジネスラウンジはどうやら階段で下に行くようですね。

スーツケースを持って降りないといけないのが面倒ですが、品はよさそう。


いいセンスしてます。


施設も充実していそうで、よさそうなラウンジ。


かなり広くゆったりしてますが、利用者も多いです。


ドリンクも充実しています。
  

スナック各種や
  

フードもそれなりに充実。
  

品揃えは多い方だと思います。もっと多いラウンジもありますが。


アイスクリームがあったり
  

デザートっぽいものもあったりするのはいいですね。味は美味しくないけど…。


トイレとシャワールームもあります。


トイレが安心して使えるのもラウンジのいいところ。
  


▲ このページの一番上に移動 | ▲ 目次に移動

イタリア・フィウミチーノ国際空港「Le Anfore(Business Class)Lounge」

イタリアのローマにある、フィウミチーノ国際空港のラウンジです。
ローマ・バチカンの弾丸旅」の際に訪問したことがあります。

ゲートGのエリアはコンパクトながら機能的。


プライオリティパスで入れるLe Anforeラウンジへ。
  

入り口です。


広さは、若干狭いほうかもしれません。


ドリンクはスタッフに注文して入れてもらうようですね。


軽食はいくつか並んでいました。
  

それなりにしっかりは食べられそうですね。
  

1食分以上には十分まかなえそうです。


▲ このページの一番上に移動 | ▲ 目次に移動

フィンランド・ヴァンター国際空港「Aspire Lounge」

フィンランドのヘルシンキにある、ヴァンター国際空港のラウンジです。
バルト周遊5か国の旅」の際に訪問したことがあります。

ASPIREラウンジはシェンゲン圏内エリアにあるラウンジです。
シェンゲン圏外に入った場合は利用できませんが、出入国審査前ならシェンゲン圏外行きの乗り継ぎ便でも利用可能。

ラウンジルームはこの階段の上のようです。


プライオリティパスを使って、ASPIREラウンジへ。
  

北欧デザイン都市ヘルシンキだけあって、このラウンジは他に類を見ないデザインセンスがあります。
  

いいラウンジなんですが利用者が多く、席が埋まりやすい。


天井からぶら下がっているブランコのようなイス。座るとだいぶ傷がありました。
  

様々なデザインの家具が並んでいますね。火に見えて火ではない。
  

QUIET ZONEという、静かに過ごせる一画も。


フードとドリンクは最小限の数ですが、味はなかなか。
  

軽食としては十分です。デザート類も美味しい。
  

スープも頂いてみます。パンにつけて食べると美味しいかも。
  

しかしトイレは小が1つに大が3つと、少々狭めでした。
  

トイレの個室には日本語でも注意書きが。日本人はそんなことしないから中国語を太文字にして欲しいもんだ。
  


▲ このページの一番上に移動 | ▲ 目次に移動

フィンランド・ヴァンター国際空港「Almost@Home」

フィンランドのヘルシンキにある、ヴァンター国際空港のラウンジです。
バルト周遊5か国の旅」の際に訪問したことがあります。

almost@homeラウンジはシェンゲン圏外エリアにあるラウンジです。
シェンゲン圏内に入った場合は利用できませんが、出入国審査前ならシェンゲン圏内行きの便の乗り継ぎでも利用可能。

出国審査を過ぎてすぐのショッピングモールの左奥でした。分かりにくい場所にあります。
  

このラウンジもそこそこ混雑してます。人が多いので写真もあまり撮れませんでした。


しかしここのラウンジも北欧デザイン家具に囲まれたユニークなものでした。
  

フォークやナイフは引き出しの中から取り出します。
  

品揃えはやや少な目。味は普通です。
  


▲ このページの一番上に移動 | ▲ 目次に移動

モンゴル・チンギスハーン国際空港「Business Class Lounge」

モンゴルにあるチンギスハーン国際空港のラウンジです。
大草原を望むモンゴルの旅」の際に訪問したことがあります。
新しい空港ではなく、旧空港のラウンジなので、そのうち閉鎖される可能性がありそうです。

この空港でプライオリティパスを使えるのは、ここ1つのみ。


プライオリティパスを見せると普通は端末にスキャンするのですが、
ここではなんと帳簿に手書きで番号を控えるのみでした。アナログだ。

内部は狭くも広くもないですが、思っていたよりはちゃんとしたラウンジでした。
  

ケーキとドリンクは最低限という感じ。グラスはスタッフに言えばもらえます。
  

クッキーやプリッツ、ポテトチップスのようなものも置いてありました。
  

食べ物は奥の冷蔵庫の一番上に入っていました。そこから下は缶ジュースと水。


一通り取ってみました。左下のバーガーは見た目そのままで、紙袋に入っているのはサンドイッチでした。
  

食品の味は普通で、トイレはラウンジの外でシャワーもなし。最低限の設備のラウンジという印象でした。


▲ このページの一番上に移動 | ▲ 目次に移動

ブルネイ・ブルネイ国際空港「Royal Brunei's Sky Lounge」

ブルネイにある、ブルネイ国際空港のラウンジです。
ブルネイとラオスの弾丸旅」の際に訪問したことがあります。
ブルネイのナショナルフラッグキャリアである「Royal Brunei航空」のラウンジで、この空港のラウンジはここ1つのみ。
なので他の航空会社を利用する場合でも、ラウンジはここ一択になります。

イミグレを通過し奥へ。ロイヤルブルネイ航空のラウンジの広告ですね。


ブルネイ国際空港はスタイリッシュなデザインで、平面的な設計。
  

ラウンジへは螺旋階段を上に上がった先のようです。
  

このラウンジはなかなか広いですね。
  

食事の品ぞろえも多く、なんと寿司っぽいものもあります。
  

しかしお国柄、アルコールは一切おいていません。
  

これはお米ではなく麺類ですが、カレーっぽいもののようです。


色々食べてみました、味はまあまあで、食事をするにはいいところです。
  


▲ このページの一番上に移動 | ▲ 目次に移動

香港・香港国際空港「Plaza Premium Lounge」

香港にある、香港国際空港のラウンジです。
ローマ・バチカンの弾丸旅」の際に訪問したことがあります。

香港国際空港に到着。セキュリティチェックを出てすぐにラウンジ「Plaza Premium Lounge」がありました。


しかしなんとこの行列です。有料のラウンジ入るのにこれだけ並ぶとは驚きです。


まあ時間はたっぷりあるので、行列に並びます。ラウンジで休むために並ぶとは…。
  

ラウンジ専用の麺類に人気があることと、客をさばく受付が1人しかいない事が、おそらく行列の原因でしょう。

ここのラウンジはなかなか広いです。


こちらは帰りに立ち寄った時の、空いてるラウンジ。


フロアの照明が暗いので分かりにくいですが、座席数は多いです。


行きにお腹を壊さないよう、控え目に頂きます。


こちらは帰りに立ち寄った時に食べた麺。これがここのラウンジの特徴でもあります。


麺は手作りなので、タイミングよく取りにいかないと、ゲットできません。
具ははんぺんとかまぼこのようです。結構いけます。

午前中に立ち寄れば朝粥もあります。なかなかの味。


もう1か所のラウンジ(名称は同じ)に行くため、シャトルで移動。
  

ラウンジは上のようですね。


こちらは複数のラウンジが集まったフロアのようです。
  

封鎖されていると思ってよく見たら、こちら側は閉まっているという意味のようで


少し離れたところに入り口がありました。


こちらのラウンジは先ほどの場所よりも狭いですが、人もそれほどいないようです。


空いている席もわりとすぐ見つかりました。


混雑してない分、ゆったり過ごせますね。


品数もそれなりあります。
  

デザートはこちらのほうが充実していそうです。
  

マシュマロや点心のようなものもありました。


▲ このページの一番上に移動 | ▲ 目次に移動

香港・香港国際空港「The Emirates Lounge」

香港にある、香港国際空港のラウンジで、こちらはプライオリティパスは使えず、
エミレーツ航空でビジネスクラス以上に搭乗する客のみが入れます。
エミレーツ航空ビジネス・ファーストクラス搭乗レポート」でも紹介しています。

チェックインを済ませ、エミレーツ航空ラウンジに向かう事にします。エレベーターで上へ。


ラウンジの場所は、以前プライオリティパスを使用して入ったPlaza Premium Loungeのすぐ前でした。


ラウンジは広めで天井が高く、開放感があります。
  

ビジネスセンターもあります。
  

食事の品数はそこそこ多く、盛りつけられるお皿を見ても、レストランのようです。
  

しかもとても美味しい。このレベルのラウンジだとプライオリティパスで入れないのも納得かも。
  

テーブルの上に乗っているのは造花ではなく本物の花のようです。お金をかけるエミレーツらしいですね。
  


▲ このページの一番上に移動 | ▲ 目次に移動

タイ・スワンナプーム国際空港「The Emirates Lounge」

タイのバンコクにあるスワンナプーム国際空港のラウンジで、こちらはプライオリティパスは使えず、
エミレーツ航空でビジネスクラス以上に搭乗する客のみが入れます。
エミレーツ航空ビジネス・ファーストクラス搭乗レポート」でも紹介しています。

スワンナプーム空港のエミレーツラウンジに入ります。


こちらは横に広いラウンジでした。
  

収容人数はかなり多そう。
  

テーブルの上にはやはり花。


料理の品揃えはそれなりに多いです。香港のエミレーツ航空ラウンジとスタイルはほぼ同じですね。
  

味もかなり美味しい。ぶっちゃけ飛行機での食事は期待外れです。ラウンジでしっかり食べた方がいいのかも。
  

デザートも美味しいのはポイント高いですね。
  

なんとトイレにはハンドタオルが常備されています。こんなのは初めて。
  


▲ このページの一番上に移動 | ▲ 目次に移動

韓国・仁川国際空港ターミナル1「SKY HUB LOUNGE」

韓国の仁川国際空港のラウンジです。
ユーロスターで行くロンドン・パリの旅」の際の乗り継ぎ時に初訪問しました。

ラウンジへの行き方がよくわからなかったので、とりあえず入れそうなラウンジへ向かいます。
  

エスカレーターで上がると、なるほど、このエリア全体がラウンジフロアなんですね。
  

トイレもこのフロアですが、複数のラウンジと共有していそうな感じです。


奥にはピアノが置かれているフロアも。
  

そのすぐ近くにある、SKY HUB LOUNGEにまずは入ってみます。


まあ広さは中くらいですが、人がそれなりにいます。
  

品揃えは普通くらい。
  

味は微妙…。美味しくはないかも。


普通に寛げるラウンジですが、特筆すべきところはないように感じます。
  

SKY HUBラウンジは搭乗口11番付近と42番付近の2か所あるようで、今回は11番付近でした。


▲ このページの一番上に移動 | ▲ 目次に移動

韓国・仁川国際空港「MATINA LOUNGE」ターミナル1

韓国の仁川国際空港のラウンジです。
ユーロスターで行くロンドン・パリの旅」の際の乗り継ぎ時に初訪問しました。

続いてはMATINA LOUNGE。
  

ここはトランジットホテルのロビーがラウンジになっています。


座席数は多くなく、広くもありませんが、ここの特徴は
  

ホテルを兼ねているので食事が美味しいことです。
  

腹ごしらえがしたいならこのラウンジはおすすめです。たしかに美味い。
  

唐辛子には気を付けてください、めちゃ辛いです。私もまた辛い目にあってしまった…。


デザートが充実しているのもうれしいです。
  

パソコンも置いてありますが台数は少な目。


トイレも近くにあるのはありがたい。


メインターミナルのMATINAラウンジは搭乗口11番付近と43番付近の2か所あるようで、今回は11番付近でした。


▲ このページの一番上に移動 | ▲ 目次に移動

韓国・仁川国際空港「Asiana Business Lounge」ターミナル1

韓国の仁川国際空港のラウンジです。
ユーロスターで行くロンドン・パリの旅」の際の乗り継ぎ時に初訪問しました。

往路、復路ともに、アシアナビジネスラウンジへ行きました。
  

メインターミナルの搭乗口28番付近です。エスカレーターで上がると、すぐにカウンターがありました。


広いラウンジですが利用客も多かったです。
  

シャワールームもあります。


食べ物の種類はあまり多くありません。


サンドイッチやパン。
  

そしてサラダ。他にクッキーもありました。
  

飲み物のラインナップも少なくはないですが、控えめ。


▲ このページの一番上に移動 | ▲ 目次に移動

韓国・仁川国際空港のラウンジまとめ

韓国にあるということで、日本からもアクセスする機会が多く、日本のハブ空港ともいえる仁川国際空港ですが、
この空港はプライオリティパスで入れるラウンジが、なんと7つもあります。
といってもメインターミナルとコンコースAという別々の建物にあり、かつ同じ名前のラウンジもありますので、
実際はそれほど選択肢が多いわけではありません。

・メインターミナルにあるラウンジ
SKY HUBラウンジ(搭乗口11番付近 42番付近)
MATINAラウンジ(搭乗口11番付近 43番付近)
Asiana Business Lounge(搭乗口28番付近)

・コンコースAにあるラウンジ
アシアナ航空ビジネスクラスラウンジ 搭乗口119番付近
大韓航空KALラウンジ 搭乗口115番付近
※コンコースAはJALやANAなど、韓国以外の国の航空会社が主に使うターミナルで、
一旦コンコースAへ行くとメインターミナルには戻れない構造。

私はそのうち、メインターミナルにあるラウンジを3個所巡りました。その総括です。

トータルで考えるとアシアナビジネスラウンジが1番おすすめです。迷ったらここです。
なんといっても広くて開放感があり、シャワールームもありますし、ラウンジという感じが一番します。
場所もちょうど空港の中央部にあるため、どこの場所からでもアクセスしやすいです。

食事の質が目的であるならMATINA LOUNGEがおすすめ。
ゆったり過ごせるとはいえませんが、腹ごしらえならここがいいでしょう。
トランジットホテルのロビーのような場所がラウンジになっていて、
ホテルで提供される食事をそのままラウンジで食べることができます。
品揃えも多く、味も美味しいです。

SKY HUB LOUNGEは、悪いラウンジではありませんが、アシアナビジネスラウンジの方が多くの面で優秀です。
アシアナビジネスラウンジが混雑していたとか、せっかくだから興味本位で入りたいとか、
ちょうど搭乗口が近くだったというときに利用するのがいいかも。

※2017/09追記 プライオリティパスで入れるラウンジのうち、22:00 - 06:00の時間帯に入れるのは、
SKY HUB LOUNGEのみです。深夜早朝に利用する場合はここ一択になります。
またKAL LOUNGEも新たに追加されました。

仁川国際空港は、韓国のみならず、日本から諸外国への乗り継ぎ空港としても利用機会が多いです。
是非参考にして下さい。
※仁川国際空港の第2ターミナルが2018年1月18日にオープンしましたので、そちらのラウンジも調査していきます。


▲ このページの一番上に移動 | ▲ 目次に移動

韓国・仁川国際空港ターミナル1「KAL Lounge」

2018年あたりから、新たにプライオリティパスで入れるようになったターミナル1のラウンジです。
こちらのラウンジは「ブルネイとラオスの弾丸旅」の際に初訪問しました。

ターミナル1のKALラウンジ。ラウンジ自体は前からありました。
  

航空券を持っていないために、手間取る受付スタッフ。
結局、通常とは違う伝票タイプの物を渡されて、入れてもらう事に。
これだと他のラウンジに移っても、その都度時間がかかりそう。

このラウンジはとても広々としていますね。かなりの広さだ。
  

窓からは滑走路へ移動する飛行機が見える位置。
  

飛行機を見ながらくつろげるのは、ラウンジとしてのステータスが高いということでもあります。


関空のKALラウンジとは比べ物にならない広さで、座席数も多いです。
  

おそらく世界のKALラウンジの中で、最高クラスなのではないでしょうか。
  

テレビルームもあります。
  

シャワールームも完備。
  

トイレも広い個室タイプが並んでいます。
  

ただ食事の品数は多くありません。しかし補充は頻繁にしてくれます。味もまあまあ。
  

粥などもあり一食分としては十分ですが、もう少し何か欲しいような。
  

席数が多いので、ゆったりできるのは大きなポイントでしょう。
  


▲ このページの一番上に移動 | ▲ 目次に移動

マレーシア・クアラルンプール国際空港「Plaza Premium Lounge」1

マレーシアのクアラルンプール国際空港のターミナルのうち、KLIA2という、エアアジア専用ターミナル内にあるラウンジです。
以前のエアアジアの拠点空港はプレハブのような簡素なものでしたが、2014年5月よりKLIA2が完成。
プライオリティパスが利用できるラウンジも追加され、快適に過ごせるようになりました。
クアラルンプール国際空港でプライオリティパスが使えるラウンジの名前が全て
「Plaza Premium Lounge」となっていますので、便宜上それぞれに数字をつけて掲載しています。
ターミナル1には1つ、ターミナル2には4つ同名のラウンジがあります。

こちらのラウンジは「ブルネイとラオスの弾丸旅」の際に訪問したことがあります。

唯一イミグレを通らず利用できるsama-samaホテル。トランジットホテルとしては人気ですが値段は高め。


そのすぐ横、マクドナルドの隣にWellness Spaと書いてあるのがPlaza Premium Lounge。


時間外だと思っていましたが、オープンしていました。
  

入れないエリアもありました。
  

トイレとシャワーは一体型になっている部屋で、3室しかありません。
つまり3人シャワー浴びていると、トイレが使えません。

飲食物は少なめ。リフレッシュメントレベルですね。
  


▲ このページの一番上に移動 | ▲ 目次に移動

マレーシア・クアラルンプール国際空港「Plaza Premium Lounge」2

こちらのラウンジは「ブルネイとラオスの弾丸旅」の際に訪問したことがあります。

イミグレーションの手前にある、プラザプレミアラウンジへ。
  

広さは普通。特別広くはないですが、入り口の手前にも少しスペースあり。
  

三角形の形をしており、ラウンジから歩く歩道が見えます。
  

飲食物の数は普通。少なくはないです。
  

朝食程度なら十分です。


▲ このページの一番上に移動 | ▲ 目次に移動

シンガポール・チャンギ国際空港「The Haven by JetQuay」

シンガポールのチャンギ国際空港のラウンジです。今回紹介するのは全てターミナル3にあるものです。
シンガポール旅行」の際に訪問しました。

まずはアライバルラウンジ「THE HAVEN」に入ります。
  

制限エリアの外にあり、到着直後にも入れる珍しいラウンジ。徹夜なのでここで少し休みます。


ここはトランジットホテルにもなっていて、ラウンジエリアのみプライオリティパスで入れます。
  

このラウンジは子供が遊べる道具もあり、他のラウンジにはないらしいです。
  

食事はオーダー制で1品のみ無料。注文してから作ってくれるので温かいです。

昼食は複数あるそうですが、朝食は1品のみで、卵の調理法が選べるようになっていました。
  

ソーセージは少しイマイチ。それ以外はまあまあ。

奥にはテーブル席があり、朝食はここに運んでくれます。
  

簡単な軽食程度のものは自由にとることができます。
  

お菓子類はそれほど美味しくなかったですが…。


▲ このページの一番上に移動 | ▲ 目次に移動

シンガポール・チャンギ国際空港「Ambassador Transit Lounge」

Ambassador Transit Lounge。


このラウンジのすぐ隣がバタフライガーデンになっています。
  

蝶が飛び交う空間ですが、屋外なのでかなり暑かったです。


ラウンジへ入ります。
  

食事はベジタブルが充実していました。
  

シュークリームもありました。


味はまあまあいけます。


若干狭いですが、居心地は悪くないです。


ラウンジの窓から隣のバタフライガーデンも見えます。


▲ このページの一番上に移動 | ▲ 目次に移動

シンガポール・チャンギ国際空港「Dnata Lounge」

Dnata Loungeへ。
  

やや狭い感じがしますね。
  

過不足はなさそう。


READING AREAもありました。


デザート系も少しありました。


食事もなかなかでした。


ラウンジを出て裏に行ってみると、床に寝てる人がいました。穴場なのかな。
  


▲ このページの一番上に移動 | ▲ 目次に移動

シンガポール・チャンギ国際空港「SATS Premier Lounge」

SATS PREMIER LOUNGE。ここはかなりオススメ。


広さはそれなりです。
  

ここのラウンジの特徴は
  

マッサージチェアが多めにあることです。
  

このマシンはなかなか性能がよく、おすすめ。
  

食事もそれなりには揃っています。
  

味もかなり美味しいです。


▲ このページの一番上に移動 | ▲ 目次に移動

ベトナム・タンソンニャット国際空港「ROSE LOUNGE」

ベトナムのホーチミンにあるタンソンニャット国際空港「ROSE LOUNGE」です。
アンコール遺跡を巡るシェムリアップの旅」の際に訪問したことがあります。

ホーチミンのタンソンニャット国際空港に到着。
  

店が壁に沿って、天井や仕切りがないように並んでいる感じですね。
  

ラウンジの入り口は小さく目立ちません。このROSEラウンジはプライオリティパスで入れます。
  

入ってみると、階段とエレベーター。
  

ここからラウンジを見下ろせます。ここまでは誰でも入れそうですね。


階段で1階に降りると、すぐ受付がありました。

1フロアのみですが、広さはまあまあ。
  

ドリンクは揃ってます。
  

フルーツとパン類。
  

野菜とチーズ。


隣のテーブルにも食べ物があります。ベーコンやゆで卵、かぼちゃとスープ。
  

そしてここにはベトナムらしく、インスタントフォーがあります。
  

好きな具をいれ、温かいダシをかけて食べるようですね。
  

具はデフォルトのままでダシを入れてみました。


お箸もありますが、長いですね。
  

どれも不味くはないですが、美味しくもない…。
  

水が2種類あり、うち1つは日本のアルカリイオン水だそうです。アルカリじゃない水はそれほど美味しくない。


プライオリティパスが使えるラウンジはここしかないのですが、ラウンジとしては標準でしょうか。食事はイマイチですが…。


■ TOPに戻る | ▲ 目次に移動 | ▲ このページの一番上に移動 | ★ ワールドレポートへ

旅行記について

   海外旅行記

   国内旅行記

旅の写真

ワールドレポート

旅の準備

旅の裏技

旅のスタイル

旅の喚起

旅のデータ集

日本国内資料集

全世界の資料集

世界の情報集

旅のリンク

その他雑記


● 全ページの一番下で
サイト内検索が可能です