カメルーン

中部アフリカに位置する共和制国家。首都はヤウンデ。
西にナイジェリア、北東にチャド、東に中央アフリカ共和国、南東にコンゴ共和国、南にガボン、南西に赤道ギニアに隣接し、南西部が大西洋のギニア湾に面する。

旧ドイツ植民地から、イギリスとフランスの植民地に分かれた経緯がある。
非同盟路線を歩むが、経済、文化、軍事面でフランスとの関係が深い。
1995年にイギリス連邦に加盟した。また、フランコフォニーにも加盟している。

国情報 目次

基本情報

カメルーン
Republic of Cameroon

正式名称
カメルーン共和国
首都
ヤウンデ
最大の都市
ドゥアラ
通貨
CFAフラン(XAF)
公用語
フランス語、英語 国の標語
Paix, Travail, Patrie (フランス語: 平和、労働、祖国)
面積
475,440平方km(52位) 人口
19,522,000人(59位)
民族構成
南部と西部はバンツー系のファン族、バミレケ族、バカ族、北部はスーダン系のドゥル族、フラニ族などに分かれる。民族集団は275以上に分かれている。 宗教
現地固有の宗教が40%(主に南部)、キリスト教が40%(主に南部)、イスラム教が20%(主に北部)。
国歌
カメルーンの国歌 ISO 3166-1
CM / CMR
時間帯
UTC +1 サマータイム
なし
ccTLD
.cm 国際電話番号
237

▲ このページの一番上に移動 | ▲ 目次に移動

滞在情報

祝日・祭日
電圧とプラグ
電圧は220Vで周波数は50Hz。
コンセントは3つ又のBFタイプが多く、日本の電化製品を使用するときは変圧器と変換プラグが必要。
ビデオ・DVD方式

郵便
日本大使館
・在カメルーン大使館
1513, Rue 1828, Bastos-Ekoudou, Yaounde, Cameroun(B. P. 6868)
電話: (237)2-220-62-02
Fax: (237)2-220-62-03
※在カメルーン大使館は在チャド大使館及び中央アフリカ大使館を兼轄する。
安全情報
● 外務省 海外安全ホームページ
安全だと思う国でも、まず一度はこちらをチェックしておいたほうがよいでしょう。

▲ このページの一番上に移動 | ▲ 目次に移動

観光情報

世界遺産
  • ジャー動物保護区 - (1987年、自然遺産)
主要都市
ヤウンデ:首都。
  
ドゥアラ:最大都市。
  
代表的な観光地

: ●
英語の通用度
その他観光情報

▲ このページの一番上に移動 | ▲ 目次に移動

国旗・国歌情報

● 国旗の説明


統一のシンボル

農業、繁栄

独立闘争のために流された血

太陽

● 国歌

国歌名
作詞作曲

歌詞

▲ このページの一番上に移動 | ▲ 目次に移動

その他国情報

主要産業
農業、林業、鉱工業
国の有名人
●ロジェ・ミラ:サッカー選手。同国最高の選手の1人。
1999年ワールドサッカー誌の20世紀の偉大なサッカー選手100人で58位に、2004年にはFIFA100にも選出された。
●サミュエル・エトオ:サッカー選手。同国最高の選手の1人。
カメルーン代表の最多得点記録保持者であり、史上最多の4度のアフリカ年間最優秀選手賞受賞、2度のアフリカネイションズカップ優勝、3度のUEFAチャンピオンズリーグ優勝など数々の栄誉を手にしている。
レアル・マドリード、バルセロナ、インテルなどの強豪チームを渡り歩いた。
●パトリック・エムボマ:サッカー選手。
フランスとの二重国籍で、Jリーグにも所属してたため、日本でもおなじみ。
その他雑学情報
・学力が伴わない場合、小学校でも留年があるという。
・親が子供に裸を見せることは、親の威厳を保てなくなることとされる。
一緒にお風呂に入るのは赤ちゃんの時くらいらしい。

※当頁はWikipediaからの引用を含んでいる項目があります。
情報が最新でない場合がありますので、参考としてご覧下さい。


■ TOPに戻る | ■ 全世界・地域資料集へ戻る | ■ 全世界リストへ戻る | ▲ 目次に移動 | ▲ このページの一番上に移動

旅行記について

   海外旅行記

   国内旅行記

旅の写真

ワールドレポート

旅の準備

旅の裏技

旅のスタイル

旅の喚起

旅のデータ集

日本国内資料集

全世界の資料集

世界の情報集

旅のリンク

その他雑記


● 全ページの一番下で
サイト内検索が可能です