コモロ

インド洋のコモロ諸島のグランドコモロ島(ンジャジジャ島)、アンジュアン島(ヌズワニ島)、モヘリ島(ムワリ島)で構成される国家。
コモロ政府はフランス領マヨット島の領有権も主張している。
海を隔てて、西にはモザンビークがあり、東南にはマダガスカルがある。首都はモロニ。

1975年7月6日、フランスから独立。頻繁にクーデターが発生。
2005年現在において、世界最貧国の1つであり、度重なる政治危機から経済復興も極めて困難な状況にある。
近海ではたびたびシーラカンスが捕獲される。

国情報 目次

基本情報

コモロ
Union of the Comoros

正式名称
コモロ連合
首都
モロニ
最大の都市
モロニ
通貨
コモロ・フラン(KMF)
公用語
コモロ語、アラビア語、フランス語 国の標語
Unite - Justice - Progres (フランス語: 統一、正義、進歩)
面積
2,170平方km(169位) 人口
676,000人(164位)
民族構成
アフリカ系黒人やアラブ人などが大多数。 宗教
住民のほとんどはイスラーム教を信仰しており、2009年の憲法改正により国教の地位を与えられた。
国歌
Udzima wa ya Masiwa ISO 3166-1
KM / COM
時間帯
UTC +3 サマータイム
なし
ccTLD
.km 国際電話番号
269

▲ このページの一番上に移動 | ▲ 目次に移動

滞在情報

祝日・祭日
電圧とプラグ
電圧は220Vで周波数は50Hz。
コンセントは3つ又のBFタイプが多く、日本の電化製品を使用するときは変圧器と変換プラグが必要。
ビデオ・DVD方式

郵便
日本大使館
※在マダガスカル大使館が、在コモロ大使館を兼轄する。
安全情報
● 外務省 海外安全ホームページ
安全だと思う国でも、まず一度はこちらをチェックしておいたほうがよいでしょう。

▲ このページの一番上に移動 | ▲ 目次に移動

観光情報

世界遺産
なし
主要都市
モロニ:首都。最大都市。
   ・:   
代表的な観光地

: ●
英語の通用度
その他観光情報
・シーラカンスの生息地として知られる。
紙幣にシーラカンスが描かれているものもある。(1000コモロフラン札)
・国を走る9割が日本車ともいわれる。
・タリというお祝い用の太鼓がある。

▲ このページの一番上に移動 | ▲ 目次に移動

国旗・国歌情報

● 国旗の説明


三日月と星…イスラム教のシンボル

4つの星と4色のストライプ…国を構成する4島

ムワリ島、太陽、進歩

マヨット島、自由、純潔

ンズワニ島、独立闘争のために流された血

ンジャジジャ島、インド洋

● 国歌

国歌名
作詞作曲

歌詞

▲ このページの一番上に移動 | ▲ 目次に移動

その他国情報

主要産業
農業
国の有名人
●ジャメル・バカール:サッカー選手。
フランス・ブーシュ=デュ=ローヌ県マルセイユ出身だがコモロにルーツを持つ。
ポジションはフォワード。
その他雑学情報

※当頁はWikipediaからの引用を含んでいる項目があります。
情報が最新でない場合がありますので、参考としてご覧下さい。


■ TOPに戻る | ■ 全世界・地域資料集へ戻る | ■ 全世界リストへ戻る | ▲ 目次に移動 | ▲ このページの一番上に移動

旅行記について

   海外旅行記

   国内旅行記

旅の写真

ワールドレポート

旅の準備

旅の裏技

旅のスタイル

旅の喚起

旅のデータ集

日本国内資料集

全世界の資料集

世界の情報集

旅のリンク

その他雑記


● 全ページの一番下で
サイト内検索が可能です