モーリシャス

アフリカの国家で、イギリス連邦加盟国である。
首都はポートルイス。インド洋のマスカレン諸島に位置する共和国である。
インド商人の貿易中継地になっていたためインド系住民が過半数を占める。

国情報 目次

基本情報

モーリシャス
Republic of Mauritius

正式名称
モーリシャス共和国
首都
ポートルイス
最大の都市
ポートルイス
通貨
モーリシャス・ルピー(MUR)
公用語
英語、フランス語、クレオール語 国の標語
Stella Clavisque Maris Indici (ラテン語: インド洋の星と鍵であれ)
面積
2,040平方km(170位) 人口
1,288,000人(151位)
民族構成
インド系(印僑)が68%、クリオーリョが27%、華人が3%、フランス系が2%。 宗教
ヒンドゥー教が52%、キリスト教が28.3%(ローマ・カトリックが26%、プロテスタントが2.3%)、イスラム教が16.6%、その他3.1%。
国歌
母国 ISO 3166-1
MU / MUS
時間帯
UTC +4 サマータイム
なし
ccTLD
.mu 国際電話番号
230

▲ このページの一番上に移動 | ▲ 目次に移動

滞在情報

祝日・祭日
電圧とプラグ
電圧は220Vで周波数は50Hz。
コンセントは3つ又のBFタイプが多く、日本の電化製品を使用するときは変圧器と変換プラグが必要。
ビデオ・DVD方式

郵便
日本大使館
※在マダガスカル大使館が、在モーリシャス大使館を兼轄する。
安全情報
● 外務省 海外安全ホームページ
安全だと思う国でも、まず一度はこちらをチェックしておいたほうがよいでしょう。

▲ このページの一番上に移動 | ▲ 目次に移動

観光情報

世界遺産
  • アアプラヴァシ・ガット - (2006年、文化遺産)
  • ル・モーンの文化的景観 - (2008年、文化遺産)
主要都市
ポートルイス:首都。最大都市。
   ・:   
代表的な観光地

: ●
英語の通用度
その他観光情報
・綺麗なビーチがあり、セレブも訪れる保養地を有する。1年を通して温暖な気候。
・空港からのタクシーは一律同じ料金らしい。
・新車に対する税金が高いため中古車が人気で、性能が良い日本の中古車が大人気らしい。
日本のカーナビが付けられているものもある。
・公用語は英語だが、フランス語を話す人が多い。
・ダルプリというモーリシャスのファストフードがある。見た目はクレープだが豆のカレーが入っている。
・インド系住民が多い。
・ヘリコプターを使うと、短時間で見どころを回ることができるという。

・すぐ近くにレユニオン島があるが、こちらはフランスの海外県ならびに海外地域圏(レジオン)である。
モーリシャスとレユニオンはよくワンセットで扱われ、インド洋のハワイなどとも言われる。
この2つは寄り添ってはいるものの、文化圏は異なっているようである。
・島だけあって固有種も豊富。もちろん自然環境は保護されている。

●モーリシャス
・空気が綺麗な国として知られている。
・首都ポートルイスは、インド洋で獲れるマグロの世界的な漁業基地である。
・モーリシャスは紅茶も有名である。イギリス植民地時代に紅茶産業が発展した。
バニラも特産で、バニラティーも人気。
・ライオンと散歩できるサファリパークなどもある。
・ダール豆をすり潰した餡を小麦粉の生地に包んだ「ダルブリ」という食べ物があり、モーリシャスの人はこれを1週間に1度は食べるといわれる。
モーリシャスを代表するファーストフードであり国民食。見た目はクレープみたい。
・マーク・トウェインはその海の美しさを「神は最初にモーリシャスを創り、そしてモーリシャスを真似て天国を創った」と述べたという。
・モーリシャスには競馬がある。シャン・ド・マルス競馬場は世界で2番目に古いとされる由緒ある競馬場である。

●レユニオン
・フランスではブルボン島とも言われる。国民も国際色豊かである。
・火山が形成する独特の自然美は2010年に「レユニオン島の尖峰群、圏谷群および絶壁群」の名で世界遺産に登録された。
・一日の降水量世界一の記録(1870mm)を持つほど、よく雨が降る島。

▲ このページの一番上に移動 | ▲ 目次に移動

国旗・国歌情報

● 国旗の説明


愛国心

インド洋

太陽

農業

インド人、アフリカ系黒人、ヨーロッパ系白人、中国人を表す

● 国歌

国歌名
作詞作曲

歌詞

▲ このページの一番上に移動 | ▲ 目次に移動

その他国情報

主要産業
繊維工業、農業、観光
国の有名人
●ブルーノ・ジュリー:ボクシング選手。
2008年北京大会ではボクシング競技バンタム級で銅メダルを獲得し、同国初のメダリストになった。
その他雑学情報
・ドードー鳥が生息していたことで知られる。絶滅の原因は人が持ち込んだネズミが、ただでさえ少ない卵を食べてしまったからといわれる。
ドードー鳥は不思議の国のアリスやドラえもんに取り上げられたことで有名になった。
・イギリス連邦だけあり、労働者の子孫であるインド系の人が多い。

※当頁はWikipediaからの引用を含んでいる項目があります。
情報が最新でない場合がありますので、参考としてご覧下さい。


■ TOPに戻る | ■ 全世界・地域資料集へ戻る | ■ 全世界リストへ戻る | ▲ 目次に移動 | ▲ このページの一番上に移動

旅行記について

   海外旅行記

   国内旅行記

旅の写真

ワールドレポート

旅の準備

旅の裏技

旅のスタイル

旅の喚起

旅のデータ集

日本国内資料集

全世界の資料集

世界の情報集

旅のリンク

その他雑記


● 全ページの一番下で
サイト内検索が可能です