モザンビーク

アフリカ大陸南東部に位置する共和制国家である。
南に南アフリカ共和国、南西にスワジランド、西にジンバブエ、北西にザンビア、マラウイ、北にタンザニアと国境を接し、モザンビーク海峡を隔てて東にマダガスカルとコモロが存在する。首都はマプト。

国情報 目次

基本情報

モザンビーク
Republic of Mozambique

正式名称
モザンビーク共和国
首都
マプト
最大の都市
マプト
通貨
メティカル(MZM)
公用語
ポルトガル語 国の標語
なし
面積
801,590平方km(35位) 人口
22,894,000人(54位)
民族構成
マクア・ロムウェ人が40%、マコンデ人、シャンガーン人、ショナ人、スワジ人などのバントゥー系黒人の諸民族が国民全体の99.66%を構成し、その他メスチーソ(黒人と白人の混血。ムラート)が0.2%、インド人(印僑)が0.08%、ポルトガル系モザンビーク人を主とする白人が0.06%とごく少数の非黒人系マイノリティが存在する。 宗教
1997年のセンサスによれば、カトリックが23.8%、ザイオニスト教会(Zionist Churches)が17.5%、イスラム教が17.8%、その他が17.8%、無宗教が23.1%である。
国歌
最愛の祖国 ISO 3166-1
MZ / MOZ
時間帯
UTC +2 サマータイム
なし
ccTLD
.mz 国際電話番号
258

▲ このページの一番上に移動 | ▲ 目次に移動

滞在情報

祝日・祭日
電圧とプラグ
電圧は220Vで周波数は50Hz。
コンセントは3つ又のBFタイプが多く、日本の電化製品を使用するときは変圧器と変換プラグが必要。
ビデオ・DVD方式

郵便
日本大使館
・在モザンビーク大使館
Av. Julius Nyerere 2832, C.P. 2494, Maputo, Mozambique
電話: (258)21499819, 21499820
Fax: (258)21498957
安全情報
● 外務省 海外安全ホームページ
安全だと思う国でも、まず一度はこちらをチェックしておいたほうがよいでしょう。

▲ このページの一番上に移動 | ▲ 目次に移動

観光情報

世界遺産
  • モザンビーク島 - (1991年、文化遺産)
主要都市
マプト:首都。最大都市。
   ・:   
代表的な観光地

: ●
英語の通用度
その他観光情報

▲ このページの一番上に移動 | ▲ 目次に移動

国旗・国歌情報

● 国旗の説明


「本」勉学・知識階級、「銃」闘争・兵士、「鍬」生産・農民

独立と社会主義

植民地解放闘争で流された血

農業

平和、正義

国民、アフリカ大陸

鉱物資源

● 国歌

国歌名
作詞作曲

歌詞

▲ このページの一番上に移動 | ▲ 目次に移動

その他国情報

主要産業
農業、漁業、鉱工業
国の有名人
●アルマンド・サ:サッカー選手。
国外でプレーする選手は限られ、その多くも南アフリカやエジプトなど同じアフリカのリーグに限られる。
サのように、モザンビークの元宗主国であるポルトガル以外の強豪リーグでプレーした経験のある選手は大変珍しい。
●シモン・マテ・ジュニオル:サッカー選手。
2007年の夏に3週間のトライアルを経てギリシャの強豪パナシナイコスFCと4年契約を結んだ。
加入以来、当初は無名であったことや獲得費用の少なさも手伝ってシモンの堅実性、粘り強さは監督やチームのサポーターを驚かせている。
元々はDFとして入団したが、チーム事情や負傷者が出た為に守備的MFにポジションを変えられた。
国内外での活躍もありイタリアのトゥットスポルト選出の世界で最も有望な若手選手40人のリストに名を連ねるなど評価を高めている。
その他雑学情報
・サモラ・マシェル初代大統領像は、北朝鮮の万寿台創作社が建設したものである。

※当頁はWikipediaからの引用を含んでいる項目があります。
情報が最新でない場合がありますので、参考としてご覧下さい。


■ TOPに戻る | ■ 全世界・地域資料集へ戻る | ■ 全世界リストへ戻る | ▲ 目次に移動 | ▲ このページの一番上に移動

旅行記について

   海外旅行記

   国内旅行記

旅の写真

ワールドレポート

旅の準備

旅の裏技

旅のスタイル

旅の喚起

旅のデータ集

日本国内資料集

全世界の資料集

世界の情報集

旅のリンク

その他雑記


● 全ページの一番下で
サイト内検索が可能です