セネガル

西アフリカ、サハラ砂漠西南端に位置する共和制国家。
北東にモーリタニア、東にマリ、南東にギニア、南にギニアビサウと国境を接し、ガンビアを三方から囲んでいる。西は大西洋に面する。
首都はダカール。フランスと関係が深く、フランコフォニーに加盟している。

首都ダカールはパリ・ダカール・ラリーの終着点として知られている。

国情報 目次

基本情報

セネガル
Republic of Senegal

正式名称
セネガル共和国
首都
ダカール
最大の都市
ダカール
通貨
CFAフラン(XOF)
公用語
フランス語 国の標語
Un Peuple, Un But, Une Foi (仏語: 1つの国民、1つの目標、1つの信念)
面積
196,190平方km(85位) 人口
12,534,000人(72位)
民族構成
ウォロフ人43%、セレール人15%、プル人14%、トゥクロール人10%、ジョラ人4%、マンディンカ人3%、ソニンケ人1%、ヨーロッパ人及びレバノン人1% 宗教
イスラム教が多数、アニミズムなど伝統宗教6%、キリスト教2%
国歌
コラを弾け、バラフォンを叩け ISO 3166-1
SN / SEN
時間帯
UTC +0 サマータイム
なし
ccTLD
.sn 国際電話番号
221

▲ このページの一番上に移動 | ▲ 目次に移動

滞在情報

祝日・祭日
電圧とプラグ
電圧は220Vで周波数は50Hz。
コンセントは3つ又のBFタイプが多く、日本の電化製品を使用するときは変圧器と変換プラグが必要。
ビデオ・DVD方式

郵便
日本大使館
・在セネガル大使館
Boulevard Martin Luther King, Dakar, Senegal(B.P. 3140)
電話: (221)338495500
Fax: (221)338495555
※在セネガル大使館は、在カーボヴェルデ大使館、在ガンビア大使館、在ギニアビサウ大使館を兼轄する。
安全情報
● 外務省 海外安全ホームページ
安全だと思う国でも、まず一度はこちらをチェックしておいたほうがよいでしょう。

▲ このページの一番上に移動 | ▲ 目次に移動

観光情報

世界遺産
  • ゴレ島 - (1978年、文化遺産)
  • ニオコロ・コバ国立公園 - (1981年、自然遺産)
  • ジュッジ国立鳥類保護区 - (1981年、自然遺産)
  • サン=ルイ島 - (2000年、文化遺産)
  • セネガンビアの環状列石 - (2006年、文化遺産)
  • サルーム川の三角州 - (2011年、文化遺産)
主要都市
ダカール:首都。最大都市。
   ・:   
代表的な観光地

: ●
英語の通用度
その他観光情報
・海沿いでは魚が捕れるため、漁業が盛んである。
・人々は親切でおせっかいともいわれる。

▲ このページの一番上に移動 | ▲ 目次に移動

国旗・国歌情報

● 国旗の説明


自由のシンボル

農業、希望

富、資源

独立の苦難、尊い血

● 国歌

国歌名
作詞作曲

歌詞

▲ このページの一番上に移動 | ▲ 目次に移動

その他国情報

主要産業
農業、漁業、鉱工業
国の有名人
●エル=ハッジ・ディウフ:サッカー選手。同国を代表する選手の1人。
セネガルのクライフという愛称を持ち、2002年ワールドカップ日韓大会で快進撃を見せたセネガル代表の中でも圧倒的な輝きを放って一躍世界の注目を浴びた。
●パピス・シセ:サッカー選手。
イングランドのニューカッスルにおいて非常にテクニックのある高度なシュートを決め、話題となった。
●ユッスー・ンドゥール:ミュージシャン。国民的人気を誇る。
グラミー賞を受賞するなど、セネガルポピュラー音楽の大御所。
世界的なミュージシャンからの信頼も厚い。
音楽を通じて社会にコミュニケートする姿勢は「歌うジャーナリスト」とも称される。
同国の大統領にも立候補した。
その他雑学情報
・セネガルで人気があるのは「セネガル相撲」で、サッカー選手よりもお金になるといわれ、スラムの子供たちも目指すという。
セネガルの各地域に、地元のヒーロー選手がいる。
・セネガル相撲は1960年にプロ化され、一流の選手は1回の試合で15万ユーロを稼ぐという。
各地域で行われる相撲大会はマパットと呼ばれる。
・セネガル相撲は両手と両膝の4か所が地面につくか、頭が地面につくか、尻餅をつくと負けである。
プロの試合では相手を殴ることも許されている。
・セネガルの平均月収は約16000円。
・男性が女性の家に結婚の挨拶に行ったとき、もし女性の母親に目の前で掃除をされたら、 「あなたはゴミだ」という意味になり、結婚NGという意味合いとなるらしい。
・すきっ歯が美人の条件らしい。
・ダカールに世界最大の銅像があるが、北朝鮮の万寿台創作社が建設したものである。建設費は24億円とも。

※当頁はWikipediaからの引用を含んでいる項目があります。
情報が最新でない場合がありますので、参考としてご覧下さい。


■ TOPに戻る | ■ 全世界・地域資料集へ戻る | ■ 全世界リストへ戻る | ▲ 目次に移動 | ▲ このページの一番上に移動

旅行記について

   海外旅行記

   国内旅行記

旅の写真

ワールドレポート

旅の準備

旅の裏技

旅のスタイル

旅の喚起

旅のデータ集

日本国内資料集

全世界の資料集

世界の情報集

旅のリンク

その他雑記


● 全ページの一番下で
サイト内検索が可能です