シエラレオネ

西アフリカの西部、大西洋岸に位置する共和制国家で、イギリス連邦加盟国である。
北にギニア、南東にリベリアと国境を接し、南西は大西洋に面する。首都はフリータウン。

奴隷制から解放された黒人達の移住地として1808年にイギリスの植民地となり、1961年に独立した。 かつて、約10年近く続いた内戦により、世界で最も平均寿命が短い国の一つとなっていた
(現在はシエラレオネの平均寿命が伸び、エイズ禍が深刻な南部アフリカ諸国が平均寿命の下位を占めている)。

国情報 目次

基本情報

シエラレオネ
Republic of Sierra Leone

正式名称
シエラレオネ共和国
首都
フリータウン
最大の都市
フリータウン
通貨
レオン(SLL)
公用語
英語 国の標語
Unity - Freedom - Justice (英語: 団結 - 自由 - 正義)
面積
71,740平方km(116位) 人口
5,696,000人(102位)
民族構成
90%がアフリカ系(最大部族であるテムネ族とメンデ族の2部族を中心にリンバ族、ロッコ族、マリンケ族、スス族、バイ族、マンディンカ族などの現地民族)で、10%がクリオと呼ばれるクレオールである。 宗教
伝統的宗教(特に南東部地)が40%、イスラム教(特に北部および西部地)が50%で、キリスト教(特に西部地)が10%(プロテスタントがほとんどで、カトリック教は2%程度)である。
国歌
高く我らは汝、自由の国を賞賛する ISO 3166-1
SL / SLE
時間帯
UTC +0 サマータイム
なし
ccTLD
.sl 国際電話番号
232

▲ このページの一番上に移動 | ▲ 目次に移動

滞在情報

祝日・祭日
電圧とプラグ
電圧は220Vで周波数は50Hz。
コンセントは3つ又のBFタイプが多く、日本の電化製品を使用するときは変圧器と変換プラグが必要。
ビデオ・DVD方式

郵便
日本大使館
※在ガーナ大使館が、在シエラレオネ大使館を兼轄する。
安全情報
● 外務省 海外安全ホームページ
安全だと思う国でも、まず一度はこちらをチェックしておいたほうがよいでしょう。

▲ このページの一番上に移動 | ▲ 目次に移動

観光情報

世界遺産
なし
主要都市
フリータウン:首都。最大都市。
   ・:   
代表的な観光地

: ●
英語の通用度
その他観光情報

▲ このページの一番上に移動 | ▲ 目次に移動

国旗・国歌情報

● 国旗の説明


シエラレオネの山々、農業、天然資源

平和、統一、正義

天然港のフリータウン

● 国歌

国歌名
作詞作曲

歌詞

▲ このページの一番上に移動 | ▲ 目次に移動

その他国情報

主要産業
鉱業、農業
国の有名人
●モハメド・カロン:サッカー選手。同国を代表する選手の1人で、国民的英雄。
オフェンス能力が高く、インテルなどの強豪クラブにも所属した。
内戦や貧困に苦しむ母国にカロンFCというサッカークラブを設立した。また、社会貢献活動も行っている。
その他雑学情報
・道端で商売をする人たちは、青いドラム缶にいれて一斉に運ぶやり方をするという。
・世界位置寿命が短い国ともいわれる。
・首都に人口が集中しているが、多くの人はスラム街に住んでいるという。
・世界有数のダイヤモンド産出国の1つ。だが採掘権を巡って「ダイヤモンド戦争」と呼ばれる内戦が勃発した。
・サハラ砂漠が近いため、砂埃が家に入ってくることがあるという。
・お金のない人が、家を持っている人の住まいに自由に出入りし、寝泊りすることがあるという。

※当頁はWikipediaからの引用を含んでいる項目があります。
情報が最新でない場合がありますので、参考としてご覧下さい。


■ TOPに戻る | ■ 全世界・地域資料集へ戻る | ■ 全世界リストへ戻る | ▲ 目次に移動 | ▲ このページの一番上に移動

旅行記について

   海外旅行記

   国内旅行記

旅の写真

ワールドレポート

旅の準備

旅の裏技

旅のスタイル

旅の喚起

旅のデータ集

日本国内資料集

全世界の資料集

世界の情報集

旅のリンク

その他雑記


● 全ページの一番下で
サイト内検索が可能です