チュニジア

北アフリカのマグリブに位置する共和制国家。
西にアルジェリア、南東にリビアと国境を接し、北と東は地中海に面する。
地中海対岸の北東にはイタリアが存在する。首都はチュニス。

アフリカ世界と地中海世界とアラブ世界の一員であり、アフリカ連合とアラブ連盟と地中海連合とアラブ・マグレブ連合に加盟している。
最も早く「アフリカ」と呼ばれ、アフリカ大陸の名前の由来になった地域である。

国情報 目次

基本情報

チュニジア
the Tunisian Republic

正式名称
チュニジア共和国
首都
チュニス
最大の都市
チュニス
通貨
チュニジア・ディナール(TND)
公用語
アラビア語 国の標語
(アラビア語: 自由、秩序、公正)
面積
163,610平方km(89位) 人口
10,272,000人(81位)
民族構成
アラブ人が98%。残りはヨーロッパ人が1%、ベルベル語を話すベルベル人、ユダヤ人、黒人などその他が1%。 宗教
イスラームが国教であり、国民の98%はスンナ派で、僅かながらイバード派の信徒も存在する。
国歌
祖国の防衛者 ISO 3166-1
TN / TUN
時間帯
UTC +1 サマータイム
DST +2
ccTLD
.tn 国際電話番号
216

▲ このページの一番上に移動 | ▲ 目次に移動

滞在情報

祝日・祭日
電圧とプラグ
電圧は220Vで周波数は50Hz。
コンセントは3つ又のBFタイプが多く、日本の電化製品を使用するときは変圧器と変換プラグが必要。
ビデオ・DVD方式
チュニジアのビデオ方式はSECAM式、DVDのリージョンコードは[5]。日本のビデオ方式はNTSC式、DVDのリージョンコードは[2]。
日本のVHSやDVDソフトをチュニジアで、もしくはチュニジアのものを日本で再生する場合には、ソフト、プレーヤー両方のビデオ方式とリージョンコードが一致しなければならない。

生水には充分注意したほうがいい。必ずミネラルウォーターを飲用しよう。ペットボトルのミネラルウォーターが商店で買える。1.5LはD0.350〜0.600が相場だ。
郵便
日本への郵送料金は、ハガキ、封書ともに20〜50gはD0.600〜0.700。日本〜チュニス間はたいてい1週間から12日くらいで郵便が届く。チュニジアから日本へ郵便を出す場合、宛名などは日本語で書いても届く。日本から発送する大事なものは、書留で送ったほうがいい。チュニジアから日本への国際ビジネス便(EMS便)は、最初の1kgがD35.000、1kg追加ごとにD15.000かかる。やや高めだが、かなり安全であり所要日数は5日〜1週間ほど。

【郵便局の営業時間】
<冬期 1〜6月、9〜12月>
月〜木曜 8:00〜12:00、15:00〜18:00
金曜 8:00〜12:30
土曜 8:00〜12:00
ラマダン中 8:00〜15:00

<夏期 7〜8月>
月〜土曜 7:30〜13:30
日本大使館
・在チュニジア大使館
9 Rue Apollo XI,1082 Mahrajene-Tunis, Tunisie (B.P. 163, Cite Mahrajene 1082 Tunis)
電話: (216-71) 791-251, 792-363, 793-417
Fax: (216-71) 786-625
安全情報
● 外務省 海外安全ホームページ
安全だと思う国でも、まず一度はこちらをチェックしておいたほうがよいでしょう。

▲ このページの一番上に移動 | ▲ 目次に移動

観光情報

世界遺産
  • チュニス旧市街 - (1979年、文化遺産)
  • カルタゴ遺跡 - (1979年、文化遺産)
  • エル・ジェムの円形闘技場 - (1979年、文化遺産)
  • イシュケル国立公園 - (1980年、自然遺産)
  • ケルクアンの古代カルタゴの町とその墓地遺跡 - (1985年、文化遺産)
  • スース旧市街 - (1988年、文化遺産)
  • ケルアン - (1988年、文化遺産)
  • ドゥッガ/トゥッガ - (1997年、文化遺産)
主要都市
チュニス:首都。最大都市。
   ・:   
代表的な観光地

: ●
英語の通用度
その他観光情報

▲ このページの一番上に移動 | ▲ 目次に移動

国旗・国歌情報

● 国旗の説明


イスラム教のシンボル

● 国歌

国歌名
作詞作曲

歌詞

▲ このページの一番上に移動 | ▲ 目次に移動

その他国情報

主要産業
農業、鉱工業、観光
国の有名人
●ハーテム・トラベルスィー:元サッカー選手。
チュニジア代表の要として1998 FIFAワールドカップ、2002 FIFAワールドカップ、2006 FIFAワールドカップに出場したプレーヤー。2006年W杯終了後に代表引退。
豊富な運動量が売りで、試合終盤まで走り続けることができる選手で、積極的にオーバーラップをかけるため相手に疲れの見えた後半終了間際にアシストを決めるというシーンがたびたび見られる。
●アミン・シェルミティ:サッカー選手。
17歳でU-21チュニジア代表入り。2007年5月にはフル代表に招集され、初出場で初ゴールを挙げた。
2007年のCAFチャンピオンズリーグではエトワール・サヘルの攻撃を牽引。
3連覇を狙うアル・アハリ(エジプト)との決勝戦2ndレグの後半ロスタイムに決勝ゴールを決めるなど、得点ランク2位タイの大会通算8ゴールを挙げた。
FIFAクラブワールドカップ2007では19歳ながら“チュニジアの新星”として注目され、準々決勝パチューカ戦、準決勝ボカ・ジュニアーズ戦、3位決定戦浦和レッズ戦にフル出場。
浦和戦では後半30分に同点ゴールを決めるも、PK戦で敗れ涙を見せた。
その他雑学情報

※当頁はWikipediaからの引用を含んでいる項目があります。
情報が最新でない場合がありますので、参考としてご覧下さい。


■ TOPに戻る | ■ 全世界・地域資料集へ戻る | ■ 全世界リストへ戻る | ▲ 目次に移動 | ▲ このページの一番上に移動

旅行記について

   海外旅行記

   国内旅行記

旅の写真

ワールドレポート

旅の準備

旅の裏技

旅のスタイル

旅の喚起

旅のデータ集

日本国内資料集

全世界の資料集

世界の情報集

旅のリンク

その他雑記


● 全ページの一番下で
サイト内検索が可能です