ザンビア

アフリカ南部に位置する共和制国家で、イギリス連邦加盟国である。
かつてはイギリス領北ローデシアであった地域である。内陸国であり、コンゴ民主共和国、タンザニア、マラウイ、モザンビーク、ジンバブエ、ナミビア、アンゴラの7つの国に接している。首都はルサカ。

2010年に発表された世界平和度指数ランキングでは149か国中51位となり、アフリカでもっとも平和な国の一つとして評価されている。

国情報 目次

基本情報

ザンビア
Republic of Zambia

正式名称
ザンビア共和国
首都
ルサカ
最大の都市
ルサカ
通貨
ザンビア・クワチャ(ZMK)
公用語
英語 国の標語
One Zambia, One Nation (英語: 1つのザンビア、1つの国)
面積
752,614平方km(38位) 人口
12,935,000人(76位)
民族構成
バントゥー系民族のトンガ人、ニャンジャ人、ロジ人、ベンバ人、チェワ人、トゥンブカ人、ンゴニ人、ララ人、カオンデ人、ルンダ人などが全体の99.5%を構成。その他にもヨーロッパ人やアジア人、アメリカ人が0.5%ほど存在する。 宗教
キリスト教が50%-75%、イスラム教とヒンドゥー教が25%-49%、伝統的宗教が1%。
国歌
誇りと自由を胸に、ザンビアの歌を ISO 3166-1
ZM / ZMB
時間帯
UTC +2 サマータイム
なし
ccTLD
.zm 国際電話番号
260

▲ このページの一番上に移動 | ▲ 目次に移動

滞在情報

祝日・祭日
電圧とプラグ
電圧は220Vで周波数は50Hz。
コンセントは3つ又のBFタイプが多く、日本の電化製品を使用するときは変圧器と変換プラグが必要。
ビデオ・DVD方式

郵便
日本大使館
・在ザンビア大使館
No. 5218, Haile Selassie Avenue, Lusaka, Zambia (P.O. Box 34190)
電話: (260-211) 251555
Fax: (260-211) 253488
安全情報
● 外務省 海外安全ホームページ
安全だと思う国でも、まず一度はこちらをチェックしておいたほうがよいでしょう。

▲ このページの一番上に移動 | ▲ 目次に移動

観光情報

世界遺産
  • モシ・オ・トゥニャ/ヴィクトリアの滝 - (1989年、自然遺産)
主要都市
ルサカ:首都。最大都市。
   ・:   
代表的な観光地

: ●
英語の通用度
その他観光情報
・この国の多くの女性が、オシャレとしてエクステをつけているという。
・トウモロコシの粉を練ったシマが主食である。
芋虫モパニの炒め物などがおかずである。
ヤマアラシやネズミが食卓に並ぶことも。
・20の国立公園と23の保護区があり、アフリカにいる動物は全て見られる、ともいわれる。

▲ このページの一番上に移動 | ▲ 目次に移動

国旗・国歌情報

● 国旗の説明


自由、困難に打ち勝つ能力

森林資源

独立のために流された血

ザンビア国民

豊かな鉱物資源

● 国歌

国歌名
作詞作曲

歌詞

▲ このページの一番上に移動 | ▲ 目次に移動

その他国情報

主要産業
農業、鉱工業、観光
国の有名人
●カルシャ・ブワルヤ:元サッカー選手。サッカー指導者。
ザンビアの国民的英雄にして史上最高のサッカー選手。
ザンビア代表の一員として参加した1988年のソウルオリンピック1次リーグ、イタリア戦でハットトリックを決め4-0でこれを下しベスト8へ進出すると世界中から注目を浴び、この年にアフリカ年間最優秀選手賞を受賞した。
その他雑学情報
・ザンベジ川が、ザンビアの国の由来である。
・銅がとれる国である。埋蔵量は世界トップ10に入るほど。
・自国通貨クワチャの価値が急落したとき、大統領の号令によって国民全員で神頼みした結果、通貨価値が上昇したという出来事が世界的に話題となった。
・広大な自然が残り、野生動物も身近に見ることができる。
・国民の約60%が1日2ドル未満の生活をしている。
・HIV感染率が高く、成人の約13%といわれる。

※当頁はWikipediaからの引用を含んでいる項目があります。
情報が最新でない場合がありますので、参考としてご覧下さい。


■ TOPに戻る | ■ 全世界・地域資料集へ戻る | ■ 全世界リストへ戻る | ▲ 目次に移動 | ▲ このページの一番上に移動

旅行記について

   海外旅行記

   国内旅行記

旅の写真

ワールドレポート

旅の準備

旅の裏技

旅のスタイル

旅の喚起

旅のデータ集

日本国内資料集

全世界の資料集

世界の情報集

旅のリンク

その他雑記


● 全ページの一番下で
サイト内検索が可能です