アルゼンチン

南アメリカ南部に位置する連邦共和制国家である。
西と南にチリ、北にボリビア、パラグアイ、北東にブラジル、ウルグアイと国境を接し、東と南は大西洋に面する。
ラテンアメリカではブラジルに次いで2番目に領土が大きく、世界全体でも第8位の領土面積を擁する。首都はブエノスアイレス。

チリと共に南アメリカ最南端に位置し、国土の全域がコーノ・スールの域内に収まる。
国土南端のフエゴ島には世界最南端の都市ウシュアイアが存在する。

国情報 目次

基本情報

アルゼンチン
Argentine Republic

正式名称
アルゼンチン共和国
首都
ブエノスアイレス
最大の都市
ブエノスアイレス
通貨
アルゼンチン・ペソ($)(ARS)
公用語
カスティーシャ語 国の標語
En Union y Libertad (スペイン語: 統一と自由に於いて)
面積
2,766,890平方km(8位) 人口
40,276,000人(32位)
民族構成
ヨーロッパ系が85%、メスティーソおよびインディヘナなどが15%である。もっともヨーロッパ系アルゼンチン人の占める比率は89.7%から97%と資料によって大きな差があり、近年の研究では実はアルゼンチン国民の56%に先住民の血が流れていることが明らかになっており、自らを白人だと認識しているアルゼンチン人の過半数に、実は先住民の血が流れていることになる。 宗教
アルゼンチン人は圧倒的に信仰心が強い。国民の大多数の93%がカトリック教徒だと申告しているが、多くは信仰に熱心ではなく、教会はより正確には70%ぐらいだと見積もっている。
国歌
アルゼンチンの国歌 ISO 3166-1
AR / ARG
時間帯
UTC -3 サマータイム
DST: -3
ccTLD
.ar 国際電話番号
54

▲ このページの一番上に移動 | ▲ 目次に移動

滞在情報

祝日・祭日
年によって異なる移動祝祭日(※印)に注意。

2012年(2013年)
1月1日 元日
2月20〜21日 ※謝肉祭(2月11〜12日)
3月24日 真実と正義を記念する国家記念日
4月2日 マルビナスの戦争における戦没者の日
4月6日 ※聖金曜日(3月29日)
5月1日 メーデー
5月25日 5月革命記念日
6月20日 国旗の日
7月9日 独立記念日
8月20日 ※サン・マルティン将軍の日(8月19日)
10月8日 ※文化の多様性を尊重する日(10月14日)
11月26日 ※国家主権の日
12月8日 聖母受胎の日
12月25日 クリスマス
電圧とプラグ
電圧は220Vで周波数は50Hz。
コンセントは3つ又のBFタイプが多く、日本の電化製品を使用するときは変圧器と変換プラグが必要。
ビデオ・DVD方式
アルゼンチンのテレビ・ビデオ方式は日本とはタイプの違うPAL-N方式を採用しており、現地のビデオテープは一般的な日本国内用デッキで再生できない。
アルゼンチンのDVDのリージョンコードはリージョン4。リージョン2である日本とは異なるため、一般的な家庭用DVDデッキでは再生できない。
アルゼンチンのブルーレイのリージョンコードは日本と同じリージョンAであるため、一般的な家庭用のブルーレイ・デッキで再生可能。

水道は整備されており飲用も可能だが、ミネラルウォーターを購入して飲んだほうがいい。ガス入りはアグア・ミネラル・コン・ガスAgua Mineral con gas、ガスなしはアグア・ミネラル・シン・ガスAgua Mineral sin gas。
郵便
郵便局はどの町にもある。小包以外の手紙やハガキの事情はいい。ブエノス・アイレス以外の都市からでも航空便なら約10日で日本に届く。

【郵便料金】日本までの航空郵便の料金は、封書またはハガキ(Carta)が20gまで$9.50。小包は1kgまで$167。小包は届かなかったり、届いても中身がなくなっていることがある。日本へは航空便で約10日、EMS(Express Mail Service)と呼ばれる速達便で8日程度、EMSの料金は1kgまで$205。
日本大使館
・在アルゼンチン大使館
Bouchard 547 Piso-17, Buenos Aires, Argentina
電話: (54-11) 4318-8200
Fax: (54-11) 4318-8210
安全情報
● 外務省 海外安全ホームページ
安全だと思う国でも、まず一度はこちらをチェックしておいたほうがよいでしょう。

▲ このページの一番上に移動 | ▲ 目次に移動

観光情報

世界遺産
  • ロス・グラシアレス - (1981年、自然遺産)
  • グアラニーのイエズス会伝道所群:サン・イグナシオ・ミニ、サンタ・アナ、ヌエストラ・セニョーラ・デ・ロレート、サンタ・マリア・マジョール(以上アルゼンチン)、サン・ミゲル・ダス・ミソンイス遺跡(ブラジル) - (1983年 / 1984年、文化遺産)
  • イグアス国立公園 - (1984年、自然遺産)
  • バルデス半島 - (1999年、自然遺産)
  • リオ・ピントゥラスのクエバ・デ・ラス・マノス - (1999年、文化遺産)
  • イスキグアラスト/タランパヤ自然公園群 - (2000年、自然遺産)
  • コルドバのイエズス会伝道所とエスタンシア群 - (2000年、文化遺産)
  • ケブラーダ・デ・ウマワーカ - (2003年、文化遺産)
主要都市
ブエノスアイレス:首都。アルゼンチン最大の都市。マヨ広場を中心とした美しい町並みのため「南米のパリ」と称される。
コルドバ:アルゼンチン第2の都市。世界遺産にも登録されている。
ロサリオ:アルゼンチン第3の都市。
メンドーサ:北西部、アンデス山脈の麓にある町。アコンカグアにアルゼンチンから挑む場合の最寄都市。
ウシュアイア:南端のフエゴ島にある町。世界最南端の町として知られる。
代表的な観光地
●アコンカグア
アンデス山脈にある南米最高峰の山。標高 6,962 m。
またアジア以外の大陸での最高峰でもある。
アルゼンチンとチリとの国境付近のアルゼンチン側にある。
: ●
英語の通用度
その他観光情報
・大統領府はピンクハウスと呼ばれており、ピンク色をした建物である。夜はライトアップされる。
・国民的キャラクターはマファルダという6歳の女の子。50年以上愛されている。
・紙幣の偽造対策が甘くコピーがしやすいため、偽札が横行している。
偽札を密かに作る組織があり、様々なところに偽札を売っている。
この組織には権力者も関わっているため警察も手が出しにくいと言われる。
・タクシーに乗るとお釣りが偽札で帰ってきたり、差し出したお金を偽札にすり替えてイチャモンをつけてくる手口もある。

▲ このページの一番上に移動 | ▲ 目次に移動

国旗・国歌情報

● 国旗の説明


「五月の太陽」と呼ばれるスペインからの独立のシンボル

空と海、正義、真実、友情

平和

● 国歌

国歌名
アルゼンチンの国歌
作詞作曲
作詞/Vicentet Lopez y Planes
作曲/Blas Parera
歌詞
Oid; mortales! el grito sagrado: Libertad, libertad, libertad!
Oid el ruido derotas cadenas; Ved entronaa la noble igualdad.
Ya su trono dignisimo abrieron. Las Provincias Unidas del Sud!
Y los libres del mundo responden:
Al gran queblo Argentino, Salud! Al gran queblo Argentino, Salud!
Y los libres del mundo responden Al gran queblo Argentino, Salud!
Y los libres del mundo responden Al gran queblo Argentino, Salud!
Sean eternos los laureles Que supimos conseguir;
Que supimos conseguir.
Coronados de gloria vivamos, O juremos con gloria morir.
O juremos con gloria morir, O juremos con gloria morir.
人よ!聖なる叫びを聞け
自由! 自由! 自由!
壊れた鎖の音を聞け
玉座にある 気高い「平等」を見る
既に 「南方連合州」は
尊厳この上ない 玉座を解放したのだ
そして 世界の解放された者達は答える
偉大なるアルゼンチン国民に 乾杯!
<合唱>
我等が手にした月桂樹よ 永遠なれ
栄光を戴いて生きよう
さもなくば 栄光のうちに死ぬことを
誓おう

▲ このページの一番上に移動 | ▲ 目次に移動

その他国情報

主要産業
農牧業、工業
国の有名人
●ディエゴ・マラドーナ:元サッカー選手。サッカー指導者。
アルフレッド・ディ・ステファノやペレと共に20世紀のサッカー史に名を残すスター選手である。
「神の手」ゴールと「5人抜き」ドリブルは彼のスタイルを象徴するプレーとして後世に語り継がれている。
アルゼンチンのみならず世界を代表する、一時代を築いた選手で、未来永劫語り継がれる選手の1人といえよう。
●リオネル・メッシ:サッカー選手。
3度のバロンドールに輝くなど、世界最高の選手の一人とされ、また現役の名選手からも歴代最高の選手とする声も多い。
13歳の時にFCバルセロナの入団テストを受け、当時の監督カルロス・レシャックは、彼のプレーを一目見ただけでその小さな身体に驚くべき才能と将来性が宿っていることを悟り、すぐさま合格を決めたという逸話は有名。
その際FCバルセロナは家族揃ってのバルセロナへの移住を条件にメッシの成長ホルモンの分泌異常の治療費を全額負担することを約束し、家族もこれを快諾。
以後、生活の拠点をスペインに移し、バルセロナにおいては抜群の活躍で外せない選手となっているが、アルゼンチン代表ではあまり活躍できず、非難の的になることもある。
個人タイトルとしては最も若い年齢でバロンドールを3年連続受賞しているが、アルゼンチン代表としてのタイトルは十分とはいえない。

※この他にも様々な分野において、数多くの有名人がいます。
特にサッカーにおいては非常に優秀な選手を数多く輩出しています。
その他雑学情報
・「牧野 金蔵」は、はっきりとした記録に残されている南米最初の日本人移民といえる人物である。
・アルゼンチンは夫婦喧嘩が特に多い国というデータがある。
・戦時中アルゼンチンではイタリアやスペイン系の移民が大部分を占め、日独伊の三国を支持していた。
また日露戦争における日本の活躍などもあって、アルゼンチンは親日的であるといわれる。
・日本の地下鉄はアルゼンチンにあった地下鉄を参考に作られている。
そのため日本の古くなった地下鉄の車両が輸出され、今もそのままアルゼンチンで使用されているケースもある。
・とにかく牛肉をよく食べる。肉の値段も100g約60円ほどと安い。
アルゼンチンのことわざに「肉がないということは食事がないということだ」というものまである。
・酢の消費量は世界トップクラス。
・ブエノスアイレスは世界で最も書店が多い都市とも言われる。

※当頁はWikipediaからの引用を含んでいる項目があります。
情報が最新でない場合がありますので、参考としてご覧下さい。


■ TOPに戻る | ■ 全世界・地域資料集へ戻る | ■ 全世界リストへ戻る | ▲ 目次に移動 | ▲ このページの一番上に移動

旅行記について

   海外旅行記

   国内旅行記

旅の写真

ワールドレポート

旅の準備

旅の裏技

旅のスタイル

旅の喚起

旅のデータ集

日本国内資料集

全世界の資料集

世界の情報集

旅のリンク

その他雑記


● 全ページの一番下で
サイト内検索が可能です