カンボジア

インドシナ半島に位置する東南アジアの立憲君主制国家。
東にベトナム、西にタイ、北にラオスと国境を接し、南は南シナ海に接する。首都はプノンペン。
国民の90%以上がクメール語(カンボジア語)を話し、仏教(上座部仏教)を奉ずるクメール人(カンボジア人)である。
2010年のGDPは約113億ドルであり、山口県の下関市とほぼ同じ経済規模である。

カンボジアでは自分の国を「カンプチャ」と呼んでいて、建国者といわれるインドのバラモン僧「カンプー」とその子孫を意味する「チャ」に由来する。

国情報 目次

基本情報

カンボジア
Kingdom of Cambodia

正式名称
カンボジア王国
首都
プノンペン
最大の都市
プノンペン
通貨
リエル(KHR)
公用語
クメール語 国の標語
(クメール語:国民、信仰、国王)
面積
181,035平方km(87位) 人口
14,805,000人(64位)
民族構成
クメール人が90%、ベトナム人が5%、華人が1%、その他4%など36の少数民族である。 宗教
9割以上が上座部仏教である。国民の4%ほどがイスラム教徒である。(主にチャム族の信者)
国歌
素晴らしき王国 ISO 3166-1
KH / KHM
時間帯
UTC +7 サマータイム
なし
ccTLD
.kh 国際電話番号
855

▲ このページの一番上に移動 | ▲ 目次に移動

滞在情報

祝日・祭日
祝日が土曜もしくは日曜に重なった場合は振替休日が適用される。
年によって異なる移動祝祭日(※印)に注意。

2011年
1月1日 インターナショナル・ニューイヤー
1月7日 虐殺政権からの解放の日
2月18日 ※ミァック・ボーチァ祭(万仏節)
3月8日 国際女性の日
4月14〜16日 カンボジア正月
5月2日 メーデー(本来は5月1日だが2日に振替休日)
5月13〜16日 シハモニ国王誕生日
5月17日 ※ヴィサック・ボチェア祭(仏陀生誕記念日)
5月21日 ※耕起祭
6月1日 国際こどもの日
6月18日 モニック前王妃誕生日
9月24日 憲法記念日
9月26〜28日 ※プチュン・バン(お盆)
10月29日 シハモニ国王即位記念日
10月31日 シアヌーク前国王誕生日
11月9日 独立記念日
11月9〜11日 ※水祭り
12月10日 国際人権の日
電圧とプラグ
電圧は220Vで周波数は50Hz。
コンセントは3つ又のBFタイプが多く、日本の電化製品を使用するときは変圧器と変換プラグが必要。
ビデオ・DVD方式
【ビデオ方式】PALが一般的だが、各国から中古機器が輸入されているため日本やアメリカと同じNTSCや、SECAMにも対応する多方式対応のテレビやビデオデッキも多い。ただしVCD、DVDの普及にともない、ビデオデッキの入手は難しくなりつつある。

【DVD】VCDが主流だったカンボジアだが、DVDの普及も急速に進んでいる。違法コピーされたものが多いので要注意。購入の際はリージョンコードの確認を忘れずに。日本のリージョンコードは「2」、カンボジアは「3」のため、「All code」と明記されているものでないと日本では見られない。なお、政府の認定シールが貼られた正規品であっても、実際はコピー物であることも多く、リージョンコードはアメリカなど、外国のままのこともあるので要注意。

水道水は衛生的に問題があるため飲まないほうがよい。「当店の水はミネラルウォーターを使用」とはっきり明記していないレストランでは、高級店であっても飲まないほうがよい。ミネラルウォーターは町なかの商店をはじめ、あらゆる場所で売られている。種類や店にもよるが、500mlで500R〜。ただし、カンボジアの水は硬水のため、軟水に慣れた日本人のなかには下痢や体調不良を起こす人もいる。しかし、たいていは1〜2日で慣れる。
※硬水はカルシウム、マグネシウムなどの含有量が多い水。逆に軟水は少ない。
郵便
【営業時間】各局によって若干異なるが、だいたい7:00〜18:00で日曜も営業しているところが多い。

【郵便料金】日本までのエアメールの場合、ハガキ2000R、封書は10gまで2500R、20gまで2800R、30gまで6100R。小包は航空便で0.5kgが約US$7.5、1kgが約US$15など。
日本大使館
・在カンボジア大使館
No.194, Moha Vithei Preah Norodom, Sangkat Tonle Bassac, Khan Chamkar Mon, Phnom Penh, Cambodia.
(P.O.Box No.21 Phnom Penh, Cambodia)
電話: (855-23) 217161〜4
Fax: (855-23) 216162
安全情報
● 外務省 海外安全ホームページ
安全だと思う国でも、まず一度はこちらをチェックしておいたほうがよいでしょう。

▲ このページの一番上に移動 | ▲ 目次に移動

観光情報

世界遺産
  • アンコール遺跡 - (1992年、文化遺産)
  • プレアヴィヒア寺院 - (2008年、文化遺産)
主要都市
プノンペン:首都。カンボジア最大の都市。ホーチミンとともに「東洋のパリ」と称されている。
シアヌークビル:カンボジア唯一のビーチリゾート。
シェムリアップ:アンコールの遺跡が多く点在する。クメール時代のもの。
コッコン:タイとの国境の街、豊かな自然とシーフードがたくさん。
代表的な観光地
●シェムリアップ:アンコール遺跡の観光拠点
アンコール遺跡:説明不要の世界遺産。
地雷博物館:博物館というより民家に地雷や写真が展示してあるという感じだが、地雷被害や地雷除去の大変さがつぶさに感じられ、一見の価値あり。
日本語の説明有り。博物館に至る道沿いでは地元の人たちの生活が垣間見れる。
キョンギュウ遊園地:夜だけ営業する遊園地。横にはナイトマーケットもある。
英語の通用度
その他観光情報
・ハンモックは国民的アイテムと言われ、暑くても涼しく寝られる。
・クチョーンという貝の塩茹が屋台の定番料理らしい。

▲ このページの一番上に移動 | ▲ 目次に移動

国旗・国歌情報

● 国旗の説明


アンコールワット

王室の権威

国民の忠誠心

● 国歌

国歌名
作詞作曲

歌詞

▲ このページの一番上に移動 | ▲ 目次に移動

その他国情報

主要産業
農林水産業、工業、サービス業
国の有名人
●フン・セン:カンボジアの政治家。
親ベトナム政権の首相を務めた、カンボジア王国首相。カンボジア人民党副議長(副党首)。
その他雑学情報
・「サイ」はカンボジア伝統のスポーツ。
バドミントンのシャトルを大きくしたようなものを足で蹴りあう。
・昔から交易していたこともあり、日本と繋がりが深いといわれる。
クメール語の一部が日本語と類似していたり(扉はトビーア、棚はタナ、噛むはカム)、 一部の習慣が日本と似ている(お祝いに赤飯を炊く。子供の歯が抜けると屋根に投げる)
・数年前まで列車が走っていたが、脱線事故が相次いだため運行しなくなった。
その線路の上に竹列車を走らせており、これが庶民の足になっている。
・カンボジアでは昆虫を食べる。コオロギなどが人気。
・カンボジアは元々サーカスが盛んで、アンコール遺跡の壁画にも当時のサーカスの様子が描かれている。
今でもサーカスは人気である。

※当頁はWikipediaからの引用を含んでいる項目があります。
情報が最新でない場合がありますので、参考としてご覧下さい。


■ TOPに戻る | ■ 全世界・地域資料集へ戻る | ■ 全世界リストへ戻る | ▲ 目次に移動 | ▲ このページの一番上に移動

旅行記について

   海外旅行記

   国内旅行記

旅の写真

ワールドレポート

旅の準備

旅の裏技

旅のスタイル

旅の喚起

旅のデータ集

日本国内資料集

全世界の資料集

世界の情報集

旅のリンク

その他雑記


● 全ページの一番下で
サイト内検索が可能です