東ティモール

アジア(東南アジア)地域に位置する共和制国家。1999年8月30日、国連主導の住民投票によりインドネシアの占領から解放され、2002年5月20日独立した。
国際法上はポルトガルから独立したことになる。21世紀最初の独立国。ポルトガル語諸国共同体加盟国。
島国であり、小スンダ列島にあるティモール島の東半分とアタウロ島、ジャコ島、飛地オエクシで構成されている。
南方には、ティモール海を挟んでオーストラリアがあり、それ以外はインドネシア領である。

国情報 目次

基本情報

東ティモール
Democratic Republic of Timor-Leste

正式名称
東ティモール民主共和国
首都
ディリ
最大の都市
ディリ
通貨
アメリカ合衆国ドル(USD)
公用語
テトゥン語、ポルトガル語 国の標語
Unidade, Accao, Progresso (ポルトガル語: 統一、行動、前進)
面積
15,007平方km(154位) 人口
1,133,000人(153位)
民族構成
メラネシア人が大部分。その他華人、インド系移民、ハーフカスト(ポルトガル人とメラネシア人の混血)、ごく少数のカーボベルデなどアフリカ系の移民などが存在する。 宗教
宗教はキリスト教が99.1%(その大半がローマ・カトリック、他にプロテスタント諸派)。アジアではフィリピンと大韓民国と同等のキリスト教国。残りはイスラム教が0.7%、その他ヒンドゥー教、仏教、アニミズムなどとなっている。
国歌
故国 ISO 3166-1
TL / TLS
時間帯
UTC (+9) サマータイム
なし
ccTLD
.tl 国際電話番号
670

▲ このページの一番上に移動 | ▲ 目次に移動

滞在情報

祝日・祭日
電圧とプラグ
電圧は220Vで周波数は50Hz。
コンセントは3つ又のBFタイプが多く、日本の電化製品を使用するときは変圧器と変換プラグが必要。
ビデオ・DVD方式

郵便
日本大使館
・在東ティモール大使館
Avenida de Portugal, Pantai Kelapa,Dili, Timor-Leste(P.O.Box 175)
電話: (670) 3323131〜2
Fax: (670) 3323130
旅券については、IC旅券作成機未設置公館のため、作成に日数を要します。
安全情報
● 外務省 海外安全ホームページ
安全だと思う国でも、まず一度はこちらをチェックしておいたほうがよいでしょう。

▲ このページの一番上に移動 | ▲ 目次に移動

観光情報

世界遺産
なし
主要都市
ディリ:首都。最大都市。
   ・:   
代表的な観光地

: ●
英語の通用度
その他観光情報
・ポルトガル語圏なので「天ぷら」がある(天ぷらはポルトガル語が語源)。
バナナの天ぷらがポピュラーで、ビスケットの天ぷらも人気。
・豆腐も日本と同じようなものがこの国に存在する。名前もタフ。
・筋トレしまくる、自転車の前輪を外し後輪だけで乗る、 ガソリンスタンドの際は車を斜めにして入れる、などよく分からない流行りがあるらしい。
・主要産業はコーヒー栽培。輸出農産物の9割を占める。

▲ このページの一番上に移動 | ▲ 目次に移動

国旗・国歌情報

● 国旗の説明


平和

未来の希望

植民地時代の苦難

矢尻、独立のための戦い

独立闘争で流された血

● 国歌

国歌名
作詞作曲

歌詞

▲ このページの一番上に移動 | ▲ 目次に移動

その他国情報

主要産業
農業
国の有名人
●アデリオ・マリア・コスタ:サッカー選手。
その他雑学情報
・人口、面積は岩手県くらい。
・ポルトガル植民地→インドネシア占領を経て独立したアジアで一番新しい国。
独立の際の戦いは当時の国民の3分の1といわれる20万人以上が命を失うという壮絶なものだった。
・クリスト・レイという巨大キリスト像が国のシンボル。
・アジアでは珍しいキリスト教国家。国民の99%がキリスト教だという。
・独立後ベビーブームが続いており、出生率はアジアナンバーワンといわれ、国民には子供が多い。
・前輪がなくなった自転車を捨てずにウィリーで乗るのが、子供たちの間で流行しているらしい。
・海で泳ぐときは、男の子たちは全裸らしい。
・公園もあるが、子供の多さに対して遊具が足りていないという。凧揚げやコマ回しも人気。
・ガソリンを入れるときは、車を少し傾けて、揺らしながら入れる。その方がよく入ると信じられているらしいが根拠はない。
・年に1〜2回夜の海でメチという食材が取れる。ご飯の上に乗せて塩で食べるという。
・マタンドークという魔術師がおり、病気になった時にお世話になるという。
・環太平洋火山帯であるため、各地で温泉も出る。
・観光開発が進んでいないため海が綺麗で、ダイバーにも人気。

※当頁はWikipediaからの引用を含んでいる項目があります。
情報が最新でない場合がありますので、参考としてご覧下さい。


■ TOPに戻る | ■ 全世界・地域資料集へ戻る | ■ 全世界リストへ戻る | ▲ 目次に移動 | ▲ このページの一番上に移動

旅行記について

   海外旅行記

   国内旅行記

旅の写真

ワールドレポート

旅の準備

旅の裏技

旅のスタイル

旅の喚起

旅のデータ集

日本国内資料集

全世界の資料集

世界の情報集

旅のリンク

その他雑記


● 全ページの一番下で
サイト内検索が可能です