デンマーク

北ヨーロッパのバルト海と北海に挟まれたユトランド半島と、その周辺の多くの島々からなる立憲君主制国家である。
北欧諸国の1つであり、北には海を挟んでスカンディナヴィア諸国、南にはドイツと国境を接する。首都はシェラン島にあるコペンハーゲン。

ヨーロッパで唯一、大陸部分を領有していながら、首都が島にある国である。
自治権を有するグリーンランドとフェロー諸島と共にデンマーク王国を構成している。

国情報 目次

基本情報

デンマーク
Kingdom of Denmark

正式名称
デンマーク王国
首都
コペンハーゲン
最大の都市
コペンハーゲン
通貨
デンマーク・クローネ(DKK)
公用語
デンマーク語 王のモットー:
Guds hjalp, Folkets karlighed, Danmarks styrke (デンマーク語: 神様の救い、国民の愛情、デンマークの力)
面積
43,094平方km(130位) 人口
5,511,451人(108位)
民族構成
デンマーク人91%、その他9% 宗教
国歌
麗しき国 ISO 3166-1
DK / DNK
時間帯
UTC +1 サマータイム
DST +2
ccTLD
.dk 国際電話番号
45

▲ このページの一番上に移動 | ▲ 目次に移動

滞在情報

祝日・祭日
2012年
1月1日 新年
4月5日 ※洗足木曜日
4月6日 ※聖金曜日
4月8日 ※イースター
4月9日 ※イースターマンデー
5月4日 ※祈祷日
5月17日 ※昇天祭
5月27日 ※聖霊降臨祭
5月28日 ※ウイットマンデー
6月5日 憲法記念日
12月24日 クリスマスイブ
12月25日 クリスマス
12月26日 ボクシングデー
12月31日 大晦日
※印は移動祝祭日
電圧とプラグ
電圧は220Vで周波数は50Hz。
コンセントは3つ又のBFタイプが多く、日本の電化製品を使用するときは変圧器と変換プラグが必要。
ビデオ・DVD方式
日本のNTSC方式ではなく、PAL方式。現地で購入したビデオソフトは一般的な日本の国内用ビデオデッキでは再生できない。DVDの場合はリージョンコードが同じなので、PAL方式をNTSC方式に変換出力できるプレーヤーなら見ることができる。

ほとんどの場所で、水道水を飲むことができる。心配なら、キオスクやコンビニでミネラルウォーターを購入するといい。ミネラルウォーターはほとんどが炭酸入りのため、苦手な人は確認してから買うこと。
郵便
国際郵便のシステムは以下に分類されている。

【A Prioritaire:優先便】
ポスト投函可能。ハガキや50gまでの封書を日本へ送る場合は13DKK。投函の際、見えるところに「A Prioritaire」と記載すること。EU圏内で2〜4日かかるので、日本へはプラス数日みておくといい。

【B Economique:エコノミー便】
ポスト投函不可。郵便局で「B Economique」の緑のシールを貼ってから出すこと。ハガキや23cm×17cm、50gまでの封書を日本へ送る場合は11DKK。EU圏内で4〜8日かかるので、日本へはプラス数日みておくといい。

小包を日本まで送る場合、航空便とエコノミー便の2種類がある。10kgの荷物を日本に送る場合、航空便で1030DKK、エコノミー便が660DKK。なお、パッケージ代は別にかかるので注意しよう。航空便は青のラベル、エコノミー便は緑のラベルを使用する。日本到着までは、航空便が1週間、エコノミー便で2週間くらいが目安だ。
デンマークの郵便局はすべてセルフサービス。郵便小包の場合、自分でパッケージングしてラベルを書いてから、番号札をとって順番を待つ。

【一般的な営業時間】月〜金曜9:00/10:00〜17:00/18:00、土曜は9:00〜10:00/12:00〜14:00(休みの場合もある)、日曜は休み。
日本大使館
・在デンマーク大使館
Havneholmen 25, 9F, 1561 Copenhagen V, Denmark
電話: (45) 33-11-33-44
Fax: (45) 33-11-33-77
安全情報
● 外務省 海外安全ホームページ
安全だと思う国でも、まず一度はこちらをチェックしておいたほうがよいでしょう。

▲ このページの一番上に移動 | ▲ 目次に移動

観光情報

世界遺産
  • イェリング墳墓群 、ルーン文字石碑群と教会 - (1994年、文化遺産)
  • ロスキレ大聖堂 - (1995年、文化遺産)
  • クロンボー城 - (2000年、文化遺産)
  • イルリサット・フィヨルド - (2004年、自然遺産)
主要都市
コペンハーゲン:首都。デンマーク最大の都市。人魚姫の像で有名。
ビルン:レゴランドで有名。
オーゼンセ:童話作家アンデルセンの生地。
オーフス:デンマーク第二の都市。Den Gamle Byという古い街並みが残る。
オールボー:ユトランド半島北部の都市。Akavavitという蒸留酒で有名。
代表的な観光地
●その他の旅行先
マルメ:スウェーデン南部の都市で、17世紀まではデンマーク領だった。

英語の通用度
その他観光情報
・自転車専用道路が整備されており、自転車用の信号機や橋、自転車に乗りながら捨てやすいゴミ箱なども設置されている。
・年越しには、イスの上からジャンプする習慣がある。
この時、願い事をする人もいるという。
・デンマークの名物の1つにホットドッグがあり、100年前からあるといわれ、年間消費量は1億本以上ともいわれる。デンマーク発祥という説もある。
・コペンハーゲンのストロイエ通りは世界初の歩行者天国と言われている。
・国民食はスモーブローというオープンサンドイッチ。
・デンマーク人に一番人気のある魚はニシンであるという。

▲ このページの一番上に移動 | ▲ 目次に移動

国旗・国歌情報

● 国旗の説明


祖国愛

十字…キリスト教への信仰

● 国歌
※国民歌として国の行事などで使われるものと、王国としての国歌「King Christianstood by lofty mast (クリスチャン王は帆柱に立ちて)」の2つの公式の国歌がある。
これは前者で、穏やかな国の自然が讃えられている。

国歌名
Der er et yndigt Land (愛する国)
作詞作曲
作詞/A.Oehlenschlager
作曲/H.E.Kroyer
歌詞
Der er et yndigt land, det star med brede boge naer salten osterstrand,
naer salten osterstrand; det bugter sig i bakke, dal, det hedder gamle
Danmark, og det er Frejas sal, og det er Frejas sal.
愛する国 美し森は
岸に茂る 岸に茂る
緑の山々 その名はデンマーク
女神が住む 女神が住む

▲ このページの一番上に移動 | ▲ 目次に移動

その他国情報

主要産業
農業、畜産業、化学工業、加工業
国の有名人
●ピーター・シュマイケル:サッカー選手。ポジションはGK。
世界でも有数の実力を持つGKで、デンマーク代表の最多キャップ保持者(129試合)。
マンチェスター・ユナイテッドのGKとして圧倒的な存在感を放っていたため、彼が退団した後のマンチェスター・ユナイテッドはファン・デル・サールが移籍してくるまで彼の後継者選びに苦しむことになったほど。
その他雑学情報
・働く人の半数が自転車通勤であるという。
・家では靴を脱ぐ。家にカーテンがない事も多い。周りの人を信頼しているからとも。
・国民の90%以上がクラブ活動に参加しており、1人平均2.8クラブ入るという。
・デンマーク人の53%はボランティア活動をしているという。
・高級食器の世界的メーカー「ロイヤルコペンハーゲン」や、レゴブロックで知られる「レゴ」はデンマークの会社である。
・国連の幸福度調査では毎年上位にいることが多い。
・1人当たりのGDPが日本の1.5倍以上であるが、世界で最も国民の所得格差が小さい国だと言われている。
・オフィスでは、法律で高さが変わるデスクを用意しなければならない。
またオフィスでは会社が用意した果物などが置かれている。
・女性の就業率が70%以上と言われ、結婚後も仕事を続ける。
・デンマークの一般的な就業時間は午前9時から午後4時までと言われている。残業もあまりしない。
・男女平等で共働きが多いが、そのためか夫婦の会話時間は先進国でもかなり短いともいわれている。
・デンマーク、スウェーデン、ノルウェーは、世界的にも消費税が高い国として知られる。
・北欧諸国同士は昔から仲が良いと言われ、近くの国で成功した政策を取り入れる傾向にあるらしい。
・デンマークでは肥満税というものがある。
脂肪が含まれるチーズやバター、生クリーム、肉などの商品が課税対象である。
・デンマーク、スウェーデンなどは、 同居、出産、子育てまである程度してから結婚するのが普通なのだという。
ちなみに結婚してもしなくても社会保障などは変わらない。
・ロボット産業が国策ともいわれ、国が支援している。
・コペンハーゲンからは橋を通って電車でスウェーデンまで行くことができ、 スウェーデンに入って最初の駅には、エンポリアというスウェーデン最大のショッピングモールがある。
スウェーデンの方がコペンハーゲンよりも物価が少しだけ安いため、 高いものを買うときはコペンハーゲン人も買い物に来ることがあるという。
物価の安さに惹かれ、デンマークからスウェーデンに移り住む人もいるという。

※当頁はWikipediaからの引用を含んでいる項目があります。
情報が最新でない場合がありますので、参考としてご覧下さい。


■ TOPに戻る | ■ 全世界・地域資料集へ戻る | ■ 全世界リストへ戻る | ▲ 目次に移動 | ▲ このページの一番上に移動

旅行記について

   海外旅行記

   国内旅行記

旅の写真

ワールドレポート

旅の準備

旅の裏技

旅のスタイル

旅の喚起

旅のデータ集

日本国内資料集

全世界の資料集

世界の情報集

旅のリンク

その他雑記


● 全ページの一番下で
サイト内検索が可能です