オーストラリア

オセアニアに位置する連邦立憲君主制国家。
南東にはニュージーランド、北には、インドネシア、パプアニューギニア、東ティモールがある。
ロシア、カナダ、中国、アメリカ、ブラジルに次ぐ世界で6番目に面積の大きい国である。
イギリス連邦加盟国であり、英連邦王国の一国。

国情報 目次

基本情報

オーストラリア
Commonwealth of Australia

正式名称
オーストラリア連邦
首都
キャンベラ
最大の都市
シドニー
通貨
オーストラリア・ドル(AUD)(A$)
公用語
英語 国の標語
なし
面積
7,686,850平方km(6位) 人口
21,293,000人(52位)
民族構成
住民の約90%が白人であり、その他にアジア人が約7%、アボリジニなどが約2%となっている。移民は全体の約2割を占め、出身国はイギリス、ニュージーランド、中国、イタリア、ベトナムが多い。 宗教
宗教はキリスト教が主であり、2006(カッコ内は2001)年の国勢調査によれば、ローマ・カトリックが25.8%(26.6%)、聖公会が18.7%(20.7%)等を含めたキリスト教徒全体が約64%、非キリスト教が約5%(4.9%)、無宗教が18.7%(15.5%)、無回答が約12%(11.7%)である。また別の統計によれば、週に少なくとも1回は教会を訪れるのは、人口の7.5%であるという。
国歌
アドヴァンス・オーストラリア・フェア ISO 3166-1
AU / AUS
時間帯
UTC +8 〜 +10 サマータイム
DST +8 〜 +11
ccTLD
.au 国際電話番号
61

▲ このページの一番上に移動 | ▲ 目次に移動

滞在情報

祝日・祭日
祝日は年によって変わるものがある(※印)ので、オーストラリア大使館のホームページで確認を。12/24と12/31は昼までの営業のところが多い。官庁などは休み。

2012年
1月1日 ニューイヤーズデー
1月26日 オーストラリアデー(建国記念日)
4月6日 ※グッドフライデー
4月7日 ※イースターサタデー
4月9日 ※イースターマンデー
4月25日 アンザックデー
6月11日 ※クイーンズバースデー(西オーストラリア州を除く)
12月25日 クリスマスデー
12月26日 ボクシングデー
電圧とプラグ
電圧は220Vで周波数は50Hz。
コンセントは3つ又のBFタイプが多く、日本の電化製品を使用するときは変圧器と変換プラグが必要。
ビデオ・DVD方式
オーストラリアの場合、DVDリージョンコードは4、ブルーレイ・リージョンコードはBで、テレビ・ビデオ方式はPAL方式。日本はDVDリージョンコードが2、ブルーレイ・リージョンコードがA、テレビ・ビデオ方式はNTSC方式(日本/アメリカ方式)。そのため、オーストラリアで購入するほとんどのソフトは、一般の日本の機器では再生できない。

水道水は硬水で、軟水の日本とは異なる。飲料としては問題ないが、胃腸の弱い人はミネラルウォーターを購入しよう。600mlで店により$2〜4前後。
郵便
日本までは航空便なら5〜7日程度で届く。小包は1個あたり20kgまでOK。切手は窓口のほか、郵便局に設置してある自動販売機、ホテルのレセプションなどでも購入できる。

【郵便局の営業時間】窓口業務は月〜金曜9:00〜17:00で、土・日曜、祝日休み。中心部では土曜の午前もする郵便局もある。

【日本までの航空便料金】ハガキ(定型20gまで)$1.50、封書50gまで$1.55。
日本大使館
・在オーストラリア大使館
112 Empire Circuit, Yarralumla, Canberra A.C.T. 2600, Australia
電話: (61-2) 6273-3244
Fax: (61-2) 6273-1848
安全情報
● 外務省 海外安全ホームページ
安全だと思う国でも、まず一度はこちらをチェックしておいたほうがよいでしょう。

▲ このページの一番上に移動 | ▲ 目次に移動

観光情報

世界遺産
  • カカドゥ国立公園 - (1981年、複合遺産)
  • グレート・バリア・リーフ - (1981年、自然遺産)
  • ウィランドラ湖群地域 - (1981年、複合遺産)
  • タスマニア原生地域 - (1982年、複合遺産)
  • ロード・ハウ島群 - (1982年、自然遺産)
  • オーストラリアのゴンドワナ多雨林群 - (1986年、自然遺産)
  • ウルル-カタ・ジュタ国立公園 - (1987年、複合遺産)
  • クイーンズランドの湿潤熱帯地域 - (1988年、自然遺産)
  • 西オーストラリアのシャーク湾 - (1991年、自然遺産)
  • フレーザー島 - (1992年、自然遺産)
  • オーストラリアの哺乳類化石地域(リヴァーズレー/ナラコーアテ) - (1994年、自然遺産)
  • ハード島とマクドナルド諸島 - (1997年、自然遺産)
  • マッコーリー島 - (1997年、自然遺産)
  • グレーター・ブルー・マウンテンズ地域 - (2000年、自然遺産)
  • パーヌルル国立公園 - (2003年、自然遺産)
  • 王立展示館とカールトン庭園 - (2004年、文化遺産)
  • シドニー・オペラハウス - (2007年、文化遺産)
  • オーストラリアの囚人遺跡群 - (2010年、文化遺産)
  • ニンガルー・コースト - (2011年、自然遺産)
主要都市
キャンベラ:オーストラリアの首都として作られた都市である。クモの巣状の街路を持つ計画都市。
アデレード:大きな東部の都市として選ばれた、静かな南オーストラリア州の教会の街 (the City of Churches) である。南オーストラリア州の州都で、国内5番目の都市である。
ブリスベン:太陽がさんさんと降り注ぐクイーンズランド州の州都であり、美しい砂浜の玄関口でもある。オーストラリア第3の都市。
ケアンズ:グレートバリアリーフ、ポートダグラス、デインツリー国立公園への玄関口であり、多くの美しいビーチやリゾートがある。保養や休息を取るにあたり、訪問者にとって絶好の場所である。
ダーウィン:北部準州の上部に位置するオーストラリアの熱帯にある北部の州都である。
ホバート:絵のように美しく静かなタスマニア州の州都である。オーストラリアで2番目の受刑者の移住地である。
メルボルン:かつての首都で、現在はヴィクトリア州の州都。地球最南端の100万人を超えるオーストラリア第二の最大都市である。メルボルンは、大規模なスポーツ、ショッピング、文化の中心地である。また、オーストラリア国内で最もヨーロッパ的な都市として見なされている。
パース:西オーストラリア州の南西端に位置する、地球上で最も人里離れた大陸の州都である。西部最大、オーストラリア第4の都市。
シドニー:絵のような美しい港で有名(海に臨むオペラハウスが街のシンボル)な、オーストラリア最古で最大の都市。ニューサウスウェールズ州の州都である。
代表的な観光地
●その他の観光地
エアーズロック(ウルル):マウント・オーガスタスに次ぎ世界第2の大きさである一枚岩。世界遺産。先住民アボリジニの聖地。オーストラリア大陸中央部にあることから「大地のヘソ」と称される。
ウルル-カタ・ジュタ国立公園:公園内にエアーズロックがある。
グレートバリアリーフ(大堡礁):オーストラリア北東岸沖にある世界最大の珊瑚礁。海洋生物の宝庫となっている。
英語の通用度
その他観光情報
・お米は主食ではなく付け合せのような感覚らしい。
・日本の和牛がWAGYUという名前で売られている。わりと人気らしい。

▲ このページの一番上に移動 | ▲ 目次に移動

国旗・国歌情報

● 国旗の説明


イギリス連邦の一員であることを表す

独立時の6つの州とタスマニア島

南十字星

● 国歌

国歌名
Advance Australia Fair
作詞作曲
作詞・作曲/P.D.Mc Cormick
歌詞
Australia's sons, let us rejoice, For we are young and free;
We've golden soil and wealth for toil, Our home is girt by sea;
Our land abounds in nature's gifts of beauty rich and rare;
In his t'ry's page, let ev'ry stage Advance Australia fair.
In joyful strains then let us sing, Advance Australia fair.
祝えや国民 自由の国
黄金は満ちみち
海と山の幸に恵まれし 富める国よ
歴史に残さん わがよき国
歌いて祝わん わがよき国

▲ このページの一番上に移動 | ▲ 目次に移動

その他国情報

主要産業
流通、金融・保険、建設業
国の有名人
●イアン・ソープ:男性競泳選手。
魚雷を意味するtorpedoをもじったThorpedo(ソーピード)の愛称を持つ。
オリンピックで5つの金メダルを獲得し、メダル受賞数はオーストラリア人選手として最多である。
その他雑学情報
・1964年のクリスマスの3日後、 「THE SAMURAI」という番組(日本では「隠密剣士」という名前)が放送開始され、 当時これが空前のブームとなり、子供たちは皆が侍や忍者の真似事をするほど人気があったらしい。
今ではあまり侍や忍者のブームはそれほどではないようだが…。
・オーストラリアは国土が広いため、救急車のみならず、飛行機で医者がやってくるという「フライングドクター(空の救急車)」というものがある。
この飛行機は緊急時には空港ではなく、その辺の道路にも着陸する。
・オーストラリアは先進国の中でも、携帯電話の電話帳登録件数やメール件数は少なめである。
・オーストラリアのサンタクロースは真夏なので、北極からやってきたサンタは、赤道あたりでトナカイを乗り捨て、6匹の白いカンガルーに乗り換えてやってくるという。
・1人当たりの年間アイスクリームの消費量は世界1位と言われている。
・オーストラリア人が訪れる国外旅行先の1位はバリ島といわれる。
次いでニューヨーク、シンガポール、ロンドンで、5位は東京である。
・野生のサルは一匹もいない。

※当頁はWikipediaからの引用を含んでいる項目があります。
情報が最新でない場合がありますので、参考としてご覧下さい。


■ TOPに戻る | ■ 全世界・地域資料集へ戻る | ■ 全世界リストへ戻る | ▲ 目次に移動 | ▲ このページの一番上に移動

旅行記について

   海外旅行記

   国内旅行記

旅の写真

ワールドレポート

旅の準備

旅の裏技

旅のスタイル

旅の喚起

旅のデータ集

日本国内資料集

全世界の資料集

世界の情報集

旅のリンク

その他雑記


● 全ページの一番下で
サイト内検索が可能です